「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

機関車(サドルタンク)を作る−9

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

b0135282_117112.jpg

b0135282_118198.jpg

b0135282_1182013.jpg

b0135282_1181180.jpg

b0135282_119041.jpg

b0135282_1191989.jpg

2種のサドルタンク。

サドルタンク・タイプの機関車、イメージをちょっと違えて 2種 作る!

2輛目も:サドルタンク・タイプの特徴を捉まえる為、先ずは形にした。

ボイラーとタンクの関係:ちょっと工夫して隙間(絶縁部分)を持たせて有る。

何とか? 特徴の有るスタイルを表現出来たと思う!!
ボイラー、サドルタンク、キャブ、このバランスを捉まえるのに苦慮しましたよー
[PR]
by damataka | 2012-06-30 11:38 | サドルタンク

機関車(サドルタンク)を作る−8

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

b0135282_741516.jpg

b0135282_7421231.jpg

ランボードを取り付ける。

0,5t × 3 × 53mm を金切りハサミで切り出し、曲がりやネジレを修正する。

下面に合わせてハンダ止め。(余分なハンダはヤスリで除去。


b0135282_747094.jpg

b0135282_747189.jpg

サドルタンクの妻面を成形する。

ボイラー取り付けの下準備。(妻面を、糸鋸で切り欠く。

補強板も一旦外して切り欠き、位置をずらして付け直しした。


b0135282_754654.jpg

組み合わせの準備。

タンク内板を付け、ボイラー煙室部を10~13mm 出そうとしています!!

慌てないで、再度バランスを・・・・
[PR]
by damataka | 2012-06-27 08:00 | サドルタンク

機関車(サドルタンク)を作る−7

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

b0135282_704857.jpg

b0135282_715189.jpg

b0135282_73186.jpg

2輛目の、サドルタンクを作る。

妻板と外側板を準備して、組み合わせる。
孔を先に明けて置く。


b0135282_725621.jpg

b0135282_722158.jpg

補強を施す。

長さや外周を少し短めにして、違和感が出ない程度に脚色しています。
外側板にアクセントとして、補強(0,3t × 1,5 )を 3本入れました。

ボイラーを前に出して、煙突が 直接付いているタイプにします。
[PR]
by damataka | 2012-06-26 08:01 | サドルタンク

機関車(サドルタンク)を作る−6

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

b0135282_732868.jpg

サドルタンク&ボイラーの、組み合わせ。

1、ボイラー
2、縁取りリング
3、サドルタンク内板
4、サドルタンク

5、補強板  
6、底板

順次、組み付けて行く。


b0135282_735282.jpg

b0135282_74964.jpg

取り付け−1

妻板に内板の寸法をケガキ、糸鋸で切り抜く。
内板を、ハンダ止めする。
補強する。


b0135282_743724.jpg

b0135282_745948.jpg

取り付け−2

リングを付ける。 0,8 角材
底を貼る。

b0135282_761794.jpg

b0135282_755895.jpg
b0135282_753854.jpg

取り付け−3

ボイラーを 5mm 出っ張らして取り付けた。

キャブを  2mm 下げて取り付ける。

補強板の位置をずらし、切り欠きもして置いた。

この辺の寸法は、イメージで決めています。


b0135282_751810.jpg

上廻りの姿が決まる。

機関車(サドルタンク)の、外観が見えて来ました!!

もう1輛は、ボイラーを少し長くして 煙突もボイラー側からとする。

焦って失敗。
煙突はネジ止めするので、0,8t 止め板を付けて置いたが、
給水蓋、ハンドレールノブ、ステップ等は、ボイラーをセットする前に取り付けて置かなけ
れば行けなかった?? 


b0135282_763954.jpg

下廻りを仮組みして見る。

手持ちの動輪を使用して下廻りを仮組み、全体のイメージを・・・ 捉まえる。
[PR]
by damataka | 2012-06-25 08:02 | サドルタンク

機関車(サドルタンク)を作る−5

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

b0135282_659564.jpg

サドルタンクの妻板を用意する。

サドルタンクの形をイメージして、0,4t より 金切りハサミで切り出す。


b0135282_701282.jpg

サドルタンクの外板も用意。

0,3t より ハサミで切り出す。(L = 50mm


b0135282_703713.jpg

ケガキ、孔明けを先にして置く。

平面の内に、孔等を明けて置く。


b0135282_705629.jpg

成形する

独自の形に成形します。

キャブとボイラーの寸法で形は限定される。
上部に、少し平らな面を持たせて見た!!


b0135282_714333.jpg
b0135282_711996.jpg

形が出来た。

妻板と外板をハンダして、サドルタンクが出来ました。


b0135282_7859.jpg

ランボードを切り出す。

0,5t より 幅 = 2,5mm を切り出し、曲がりや捻れを修正して平に・・・・


b0135282_791364.jpg

b0135282_79839.jpg

ランボードを取り付ける。

2mm 上げた位置に取り付ける。(ハンダで点付け
[PR]
by damataka | 2012-06-24 07:59 | サドルタンク

機関車(サドルタンク)を作る−4

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

b0135282_648258.jpg

b0135282_6481979.jpg

b0135282_6491945.jpg

ボイラーを作る。

1、0,3t より切り出す。
2、芯棒(φ13 )に合わせて丸める。
3、接合部をハンダ止め。

ボイラーの長さ=φ14 × 20mm と 35mm 2輛分準備する。
 

b0135282_6491471.jpg

b0135282_650710.jpg

b0135282_6495772.jpg

煙室扉を作る。

1t より糸鋸で切り出し、四角 → 丸に ヤスリで削って行く〜〜

1、ボイラーの内径(φ13 )に合わせた物を作る。
2、ボイラーの外径(φ14 )より一回り大きく(φ15 )作る。
3、2枚1組で、組み合わせる。

煙室扉は2輛分のボイラーに、各々 合わせて置く。


*次回は、サドルタンクを作ります。
 
[PR]
by damataka | 2012-06-23 08:00 | サドルタンク

札幌祭り(北海道神宮御祭禮)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

6/14,15,16 札幌の祭り(北海道神宮御祭禮)が、例年通り開催された!!

旧市街、各地区が独自の山車(確か9台)を持っていて、
今年の年番は「豊平」です。(豊平在住で、キタエールは 信号1つ向こう

16日朝、キタエール(豊平)から連合が出発、神宮へ戻る大行列を見て来ました。


b0135282_14183393.jpg

b0135282_14191793.jpg

b0135282_141935100.jpg

b0135282_14195342.jpg

b0135282_14201825.jpg

b0135282_14203848.jpg

b0135282_14211847.jpg

b0135282_14214119.jpg

b0135282_1422854.jpg

b0135282_14223427.jpg

b0135282_142255100.jpg

b0135282_14232554.jpg

b0135282_14234718.jpg

b0135282_14241160.jpg

b0135282_14243498.jpg


維新の扮装に、身を装い!! (ほんの1部、写真をお見せします。

あ〜  お祭りに合わせて夏のボーナスも支払らわれるし、道内企業はお休みです。

毎年、各受持ち地域を重点的に渡御するので、今度は 9年後に成るんでしょう〜〜

お祭りを終えると、いよいよ北海道に カラーとした爽やかな夏が訪れます!!
[PR]
by damataka | 2012-06-16 14:46 | その他

機関車(サドルタンク)を作る−3

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

b0135282_741354.jpg

2輛目のキャブを製作する。

キャブの側板は、作り置き品に手を加えて流用しました。

1、ドアー部を切り抜き、裏貼りして仕上げる。
2、コールバンカーの側面が抜いて有ったので、裏貼りした。
3、妻板は、0,4t で前後を切り出し、窓抜きをする。
4、コールバンカー後板を 1mm 低く(15mm)して、上端部をチョコット折り返す。

◉作り方は1輛目と同じなので、途中経過は割愛します。


b0135282_745116.jpg

出来上がり。

サイズは、幅 = 33mm と 高さ = 28 + 3mm は、同じですが、
     長さ = 25 + 7mm → 26 + 10mm と 4mm 長い。

2輛目のキャブ側板に、切り込みのデザインが施されています。
全体がまとまった時、受ける印象が違って見えると思う?

同じサドルタンク車でも、2輛のイメージを変えて表現して見よう〜〜


*次回は、ボイラーを作ります。
[PR]
by damataka | 2012-06-16 08:02 | サドルタンク

機関車(サドルタンク)を作る−2

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

b0135282_6584141.jpg

1輛目のキャブの製作。

窓やドアーに捨て穴(φ2-2カ所)を開けて、ケガキ線に沿って糸鋸(NO,3)で切り抜き、
ヤスリ仕上げをする。

ヤスリの角をグラインダーで削り落し、
窓の角の仕上がりが、シャープに成る様に特に注意する。


b0135282_659783.jpg

2枚1組をバラス。

側板2枚1組をバーナーで炙ってバラシ、面のハンダを大筋除去し置く。
マジックをペーパー掛けして落とす。

仕上がりをチエックして、各部の面取りをして置く。


b0135282_65911100.jpg

裏貼りする。

窓枠、ドアー 、0,3t より一回り大きく(1,5〜2mm)切り出し、
裏側でハンダ止めする。


b0135282_6595676.jpg

再度、切り抜き 仕上げる。

窓、ドアー部を再度糸鋸(NO,5)で切り抜き、目検討でヤスリ仕上げしました。
ドアーの腰部は、再度 裏貼りしました。


◉板厚によって、糸鋸の目は替えた方がベターです。
 東急ハンズのヤツ、(メーカー名 ベローバー or ベローベーだったかしら?)
 
O,3t = NO,5
0,4t = NO,3 (このメーカー品、NOの数字が大きい程 糸鋸の目が細かい。

ちなみに、NO,2 NO,3 NO,4 NO,5  各 2袋づつ、まとめ買いして有る。


b0135282_701933.jpg

b0135282_8201824.jpg

箱に組む。

直角治具(アルミのアングル)を使用して、キャブを組み立てました。

1輛目の「キャブ」、小さなコールバンカーを併設しています。

サイズ:幅 = 33mm 長さ = 25 + 7mm 高さ = 28 +3mm 
    幅 = 妻板を挟み込んだ、仕上がり寸法です。


*次回は、2輛目のキャブを作ります。
[PR]
by damataka | 2012-06-15 08:05 | サドルタンク

機関車(サドルタンク)を作る−1

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

b0135282_6474257.jpg

b0135282_6482180.jpg

見本品。

これを見本として(HOです)
小形の機関車(サドルタンク・タイプ)を、多少アレンジを加えて自作します。

サドル:馬の鞍と言う意味!

サドル・タンク:ボイラーの上に水タンクが跨がって乗っていて、
        特徴の有るスタイルをしています。


b0135282_6485449.jpg

b0135282_6491784.jpg

b0135282_6491858.jpg

参考。

TMS 誌より、参考に成りそうな物をピックアップして見ました。

昔、インドのダージリン鉄道の写真を見て、面白いタイプの機関車が有るんだなーー
何時か作って見たいな〜と、心に留めていました。

他聞「ナロー ・タイプ」だったと??


b0135282_6494545.jpg

作図する。

概要の寸法を捉まえる(決める)為に、作図する。

幅は:33mmに押さえ、長さは:95mm程度  B タンク・タイプ。


b0135282_6502554.jpg

キャブから始める。

市販の180 × 200 真鍮板 0,4t より、黒マジックを塗りケガキ線を見易くして置いて、
金切りハサミで切り、メクレをプラハンマーで叩き、大きめのヤスリで寸法に仕上げる。


b0135282_6503059.jpg

b0135282_6511268.jpg

2枚1組に。

キャブの側板は左右対称なので、ハンダメッキをして置いてバーナーで熱を加えて、
2枚1組にする。

大きめのヤスリで仕上げ、寸法&直角を出して置く。


b0135282_6512490.jpg

ケガク。

スプリング・コンパスを片コンパスとして、窓やドアーの寸法をケガク。


◉新たなスタイルに挑戦します!! 
 「サドルタンク」は、バランスが難しい、果たして巧くまとめられるでしょう〜か??

どうせ作るのなら、
0−4−0 と 2−4−2 の 2タイプを 一緒に作っちゃをうと、欲張った考えで!!
[PR]
by damataka | 2012-06-14 07:59 | サドルタンク