<   2010年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

札幌鉄道模型クラブ「2010 走り初め 」の、ご報告。

 あけまして おめでとう ご座います

  本年も ご愛顧の程 よろしく お願い 申し上げます


無事に、札幌鉄道模型クラブの「 走り初め 」が、終了 しました。

 2日間で、何と 3,000人 を超す、来場者だったそうです。 (ホテル側ニコニコ


b0135282_5325651.jpg

b0135282_5332182.jpg

b0135282_5334652.jpg


クラブ所有の、組立式レイアウト。

サイズは : 8M × 10M  付属 : ホーム,鉄橋  待機線 & ターンテーブル。

 本線は : 4本施設されています。

 特 徴 : 新たに用意した、電車運転タイプの操作器 ー 2台で、
      車載カメラのモニターを見ながら1人 2周交代で、同時に2人づつ運転実施。

尚、1/2 NHK の地方版ニュースで、運転会の様子が放映されました。(見ました)

     HTB でも、  〃       〃          。(見てない)



b0135282_5462897.jpg

b0135282_5464715.jpg


N ゲージを担当された。

 北軌道鉄道模型クラブさんの、組立式レイアウト
  内側を、高架式にして、2線。
  外側を、フラットタイプ 4線に、まとめて有りました。

 回転すし列車等も走らせて、イベントに馴れていらっしゃる感じがしました。



b0135282_555453.jpg


G ゲージ コーナー

 遊び心 満載です。


b0135282_5573660.jpg

b0135282_5575413.jpg


操作体験コーナー ダマタカチーム(人生経験豊かな方々)が、受け持ちました。
 
 貨車の入れ換えを、2面で実施。

  1、ポイント切換え、手動式   
  2、  〃    、電動式

   KD カプラー & アンカプラーによる、自動、着、脱、

   見学者は、一様に不思議がって、いました。

   機能は、ほぼ 1OO % 発揮されました。

   子供達には、電動式のポイント切換え操作は、難しかったようです。


 サウンド操作も平行して。

  D 51 、重連 & DD 51 を、交互に、サウンドを響かせて、汽笛を鳴らし
  停止、解除を繰り返して、直線を行き来させました。

  女性も男性も,重連のサウンド音には、痺れていたみたいで、
  何回も、汽笛ボタンを押して、楽しんでいたみたいです。

 常時2〜3人待ちの状況で、盛況でした。
 受け持ち4人では休む暇も無く、2人増員し交代しながら、ぶっ通しで行いました。
 来場者の、約1割 300 人以上の子供達が、操作盤に触れて呉れた勘定になります。

 当然、踏切警報機の、点滅ランプ、警報音を、抜かり無くアピールしましたよ〜〜
  不思議と、遮断機の話題は出ませんでした??
 警報音に耳を傾けて、あー 鳴ってている と 言ってくれました!!  (ニコニコ


予想を(2日で、2,000程度)はるかに越える、来場者、
 来場者数 : 1,400 人 + 1,700 人 = 総数 3,100 人 (ホテル側の発表)

 『 主催者側の京王プラザホテルより、「大入り袋」が出ました 』

終了間際に、慌てて写真撮影をしので、人がまばらな状況です、
本当は、切れ間が無く、この3倍位の感じです。


  ー 盛況裏に、走り初め、が、終了しました ー
[PR]
by damataka | 2010-01-04 07:54 | イベント