「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

貨車の入れ換え、白樺の作り方。

b0135282_7274349.jpg

b0135282_728111.jpg

b0135282_728348.jpg


  樹木を作るのに、色々な方法が有りますね!!

手芸用の紙巻き針金を、使用した方法です。

 カミサンに貰った、アートフラワー用の紙巻き針金が在庫切れになったので、
 マリヤ手芸店(時計台の裏側に有り、札幌では、有名な老舗)に、買いに行きました。

   色 は : 白色、緑色、深緑色、3種類でした。
   太さは : 何種類もあり、迷ってしまう??  大まかに選ぶ。

 長さを決め、ニッパで切る。8〜10本まとめ、幹にする部分に手芸用のボンドを塗る。
 幹を太くしたい場合いは、別な物を螺旋に巻き付けて行く、下側 10 mm は空けて置く。

 材料と、良く切れるニッパ & ボンドだけで「木が作れます」


b0135282_728557.jpg


幹を太くしたい場合いは、螺旋に捲いた所に、木工用の目地材を塗り込みます。

 この方法は、blog で知りました。簡単です、チョット時間を置いてから(手に付かない)
 手で揉む様にすれば、整形が容易です。


b0135282_730111.jpg

b0135282_7301992.jpg


枝分かれさせる。

 外側になる枝を切り詰め、分岐ポイントにボンドして、平行に枝として付ける。
 これを、繰り返して行き、枝らしく V 字に開かせる。
                         ヤツて見る事ですね〜〜

 幹の部分は、後で塗装します。


b0135282_730392.jpg


ポプラも、作って見ました。


*木が作れたら、葉を付けます。(紙巻き針金だから、ボンドが付き易い)
 
 天ぷら や コロッケを作る要領で、
 
  ボンド溶液(2〜3倍に希釈)を枝に付けて、葉の材料をまぶす。

  深いポリ容器に、溶液を入れ、枝先を浸す。
  浅い  〃   葉を広げ、中に差し込んで、押さえ込む

    1度では出来上がりません。

  補修は、溶液をハケ塗りして、再度、葉を。

  ポリ袋に葉を入れて置いて、枝を差し込み、握って付ける遣り方も。


 N ゲージ用に、樹木セットが市販されていますね、
   葉の部分を流用して
      幹を、好みに作れば良い訳です、1つの例です、簡単です。
[PR]
by damataka | 2010-01-31 08:38 | ストラクチャ_樹木

貨車の入れ換え、ドレスアップ−9

b0135282_731426.jpg


柵を設けました。

 1種類目、バリケード・タイプの 柵。

  外した物を再利用しました、穴を明けて差し込んでいます。

  線路に、カラー砕石が『コボレた』感じを、演出して見ました。


b0135282_7315655.jpg


柵を設けました。

 2種類目、棒杭・タイプの 柵。

  円ショップで見つけた、角形の串を利用しました。

  長さに切り、1/3 程 削ぎ、先に塗装して φ2 の穴を明け、叩き込みました。

  高さは、 17 mm です。



*3種類目、ロープ・タイプの 柵、

  操作盤の前側に、セットする予定です。


b0135282_7324719.jpg


タンク車を並べて、雰囲気作り。

  操作盤の右側、本線と支線の間に、防風林的に得意の白樺を配置しました。

  正面は、チョット違えた感じに、植樹。 (白樺は、まだ製作途中です)



  左側の、本線に、見本となる貨車を置きます。

      支線に 見本通りに1輛づつ貨車を揃え行く。

      枝線に、これから運ばれる、貨車が置いてある訳です。

  貨車の移動(手で、置き換えたりする)等があるので、空間が必要となります。
  (最近、写真のサイズが大き過ぎて、出ないんですよーー)


b0135282_814986.jpg


信号柱を立て、植樹して、草も植えました。

 ドレスアップが、ほぼ完了して、いよいよ、お化粧の段階に入って来ました。
[PR]
by damataka | 2010-01-30 08:21 | ドレスアップ

貨車の入れ換え、石炭台を作る。

 貨車の入れ替え、ドレスアップー8

  機関車の、駐機ホームに石炭台を設置し、大筋まとめました。


b0135282_753667.jpg

b0135282_75559.jpg

b0135282_761045.jpg

b0135282_76253.jpg

b0135282_764341.jpg


駐機ホームに、石炭台を。

 下側で貯炭して、一段高い台へ〜小運搬します、ここから炭水車へ〜〜

 高さは、邪魔にならない様に屋根無しとして、気持ち低く抑えた。
  色々とチャックして、最終的には機関車の窓の下側のラインに、石炭台の壁上端部分を
  合わせました。
  運転手の視界を遮ぎってはいけないのでは〜〜 て、事で決めました。

 貨車の入れ換え用の機関車は、C 11 等の、タンクタイプが一般的だと思う。
  当レイアウトではタンクタイプの機関車がスムーズに走行してくれません。
  (ポイントでの集電に問題が有る様に見受ける。渡りを取れば解消出来るかも??)
  尚、C 11 は、壊れていて、姿を留めていない。  

  従って、テンダータイプを採用して、自作車は、本機・テンダーの両側から集電してい
  ます。(集電間隔の、巾を広くしている)
  

 駐機ホームのスペースは、小形のテンダータイプを考慮して設定しました。
  だいたい、まとまった。 あと、給水栓と、照明が、必要ですね。

 材料は、手持ちのホビー木材より、塗装は10 年以上前の物を引っ張り出して
 使用しました。 (ちゃんと、使えました!!)
 仕上げには、ケチらないで、何色か購入して来ます。


   線路に、石炭がこぼれている感じを、演出して見ましたよ〜〜
[PR]
by damataka | 2010-01-29 08:18 | ドレスアップ

貨車の入れ換え、ドレスアップ−7

b0135282_6355632.jpg

b0135282_6361624.jpg


機関車の待機ヤード。

 邪魔にならない程度に、手を加えて行きます。

 ホビー木材から、線路の高さに合わせた、基礎台を作り出した。
  
 機関車の、駐機スペース(2輛分)のみ、コンクリートでベースが固めて有る、
 イメージにして見ました。

 機関庫の無い、機関車の 駐機ホーム的な 感じでしょうか??


*設計図も無く「機関車を置いて見て」イメージを働かせてバランスを考え進めて行きます。

  駐機ホーム = 出発の準備 & 戻って来て点検する所。

  当然!!  石炭や、 水の、 補給が 必要ですよね〜〜
[PR]
by damataka | 2010-01-28 08:13 | ドレスアップ

貨車の入れ換え、サンド&パウダー捲き終わる。

 貨車の入れ換え、ドレスアツプ−6
  レイアウト全面に、サンドと、パウダーを、播きました。


b0135282_725964.jpg

b0135282_731942.jpg

b0135282_733959.jpg


 サンドは、グレー、グレー混合、茶系色、の、3種類を使い分けしました。

 パウダーは、地面を表現する、茶系色を1種類。
 
       草を 表現する、緑系色を3種類。


*サンドのグレー混合を1袋購入しただけで、主に、手持ち品で済ませました。

 パウダーも、前回、ディスプレイに使用した物の、残りを使いました。

 ポイント NO,5 は、買い足しました。
  付属の、線路、ジョイナー、イヌ釘、手動切換え器、等は、手持ち品。


 作業は、床に新聞紙を広げて行いました、各工程ごとにお掃除(掃除機)

 台の上に置いてあるのは、乾かす為です。
  寒いので、ストーブを働かせて、床に座って作業をしています。
  立ち上がると、上の方が暖かいんですよ〜〜 
  だから、早く乾くかと思い、台の上に??

 第一段階の、ドレスアップが、大筋完了しました。
  枕木の上に付着しているサンドを除去し、欠落している所を補修すれば終りです。
[PR]
by damataka | 2010-01-27 08:16 | ドレスアップ

貨車の入れ換え、ドレスアップ−5

b0135282_6551533.jpg

b0135282_6554185.jpg

b0135282_656357.jpg


改めて、線路を敷設するパーツ & 道具です。

 1、ジョイナー、イヌ釘、ポイント切換器(手動式)

 2、線路切断用のニッパ、仕上げ、面取り用のヤスリ。
   線路、ポイント等は、ジョイナーを嵌める為に、軽く面取りして置きます。

 3、ジョイナーの口を広げるプライヤー、寸法を詰めるヤスリ。

 4、イヌ釘を差し込む小形プライヤー、外す為のニッパ(安物なので、切る目的はだめ)
    〃 は、外側のみ、両サイドは両側、中間は互い違いに止めて行きます。

 5、コンパネへ直に止める場合、下穴キリが必要。

 6、継ぎ目の枕木を加工するカッター、ジョイナーの厚みを削ぎ取る為。
   枕木のピッチは、違和感が出ない程度に、ジョイナーの寸法を詰めます。
   他の部分、特に曲線部のピッチを見直す。

 *ニッパ 以外は、円ショップで、買い揃える事が出来ます。


道床を塗装後、線路を仮 固定しました。(付けたり外したり、何回も行なう)


b0135282_6565128.jpg

b0135282_6571158.jpg


灰の掻き出し用、ピットを作る。

 道床と、枕木を、切り欠き、木材 1t で、枠取りしました。

 何でもボンドで止めました。(中間の物は、巾の、押さえ治具です)

 1回、線路を外して、塗装します。

 車輪止めは、エコー製品を再利用します。


*ターンテーブルが無いので、2本の線路に、機関車を交互に配置します。
 その向きに合わせて、互い違いにピットを設けました。

 機関車の待機ヤードです、邪魔に成らない程度に、悪戯してみよう??
 これからアクセサリーを考えて行きます、だいたい、察しは付きますよね〜〜
[PR]
by damataka | 2010-01-26 08:17 | ドレスアップ

貨車の入れ換え、ドレスアップ−4

b0135282_7421914.jpg

b0135282_7424237.jpg

b0135282_7431082.jpg

b0135282_7434028.jpg


機関車の、待機線を改造する。

 1、操作盤を外した穴を、塞ぎました。 
   カスタム機構を外し、貨車の入れ換え専用とする事にします。

 2、ポイント NO,5 を入れて、2線としました。
   ターンテーブルを入れたい処なんですが、次回に譲る事として??
   2線にして、御茶を濁します。

 3、道床、コルク 3t を貼る。
   現状に合わせる為に、コルク板を継ぎ足しました。

 4、線路を、仮敷設して、道床を仕上げる。

 5、道床を、塗装する。
   ポイント部分は、サンドを捲かない。線路を一旦外して塗装をして置きます。

 6、穴の開いている場所に、操作盤を組み込む予定です。
[PR]
by damataka | 2010-01-25 08:18 | ドレスアップ

貨車の入れ換え、ドレスアップ−3

b0135282_5432356.jpg

b0135282_5434670.jpg


車輛止めを、交換しました。

 エコーモデルの車輪止めを使用していましたが、実状では車輪止めを乗り越えて、
   テーブルの下に落ち、車輛がこわれる被害が当初発生した、
 これを防止する為に、停止ランプ表示板を 、ダブルに設けていました。

 単に、車輪止めでは無く、車輛を止める、と、言う事を重点に置き、
   ディスプレイ用を作る際に、見越して一緒に余分に作って置きました。

 この後、表示灯(LED-L)、基盤も含むをセットし、線路から電源を取り、
   塗装等を施します。

 線路に、サンドバラストを、捲きました、施工方法は従来通りです。
     ( NHK 趣味悠々 HO ゲージ 入門編 より )

 道床は 3 t コルク板を使用しています、薄い様に思われますが、バラストすると
  充分に、その表現が発揮されます。


 このレイアウトを作った当初は、人様の家に上がり込み、
   汚してはいけないと思い、サンドバラストを播く事は、控えていました。

 時間も経過して、
  そろそろ、様変わりの時期に来た感がしたので、お化粧を施す事にしました。


 随時、手を加え、専用操作盤(組み込み式)まで、作って行きます。

 操作盤の条件、
  貨車の入れ換え操作を行う、アンカプラーの上で的確に停止させたいので、
  初速 スピードは 出来るだけ(??) ゆっくりと させたい。

  最高 スピードも 暴走しない程度に、控えめに 押さえたい。

  言う事 & 願う事は、簡単なんですが。 こんな条件に合う物が、意外と少ない。

  沖縄さんの 、PWM を採用して、自作する事を思案中です。


尚、教本から自作したトランジスター式の操作盤。
  基板ボリュームを2個足して、スピード調節を行なえる様に改良を加えましたが、
  実状には、そぐわない。
  これも、いずれ、他の方式で作り直ししなければ。


 ストラクチャー等は、まだ、決めていません、思いつくままに進めて行こう〜〜



<余談ですが>

 宿題の「メヌエツト」練習の成果を発揮して、一発でクリヤーしちゃいました。
 今週の宿題は「3部輪奏の、ねぼすけジヤツクです」先生が、後から追いかけて来ます。
 焦っちゃうんですよね〜〜 自分のペースでって、言われるんですけど??

◉ディスプレイの、オート リターンのスピードを変えました。

  黄色いツマミのボリューム 95 %、片道に約18秒 停止時間 40 秒 
  ー 停止時間が長過ぎる ー

  黄色いツマミのボリューム 50 %、 〃  18秒  〃   12秒 
  ー 停止時間を短くしました ー

  居合わせた人に、線路が切り替わって、違う方には、走って行かないのか!!
  勝手な見方が、あるものなんですね〜〜

  こちら側は、別途に車輛の入れ換えが出来る様にして有ります、
  設計・製作者が自ら、実演して見せました、ついでに、どうぞー 操作して見て〜〜 

  相棒に、自動の動きは、切り替わりが早めの方が良い!!
  私にも、切り換え操作をさせろーー 
                        しばし、一緒に遊んで来ました。
[PR]
by damataka | 2010-01-24 08:13 | ドレスアップ

貨車の入れ換え、ドレスアップ−2

「写真」の件については、年 3,000,- の、有料契約を結びました。

     息子が、私のカード NO を、P C に登録して、自動引き落としとなり、

     「制限が解除」されました。


b0135282_729298.jpg

b0135282_7295683.jpg

b0135282_7301768.jpg


貨車の入れ換え、レイアウトの、アクセサリーを撤去し、模様替えをします。

 サイズは、直線で 1,800 × 380

 主目的は、貨車の入れ換えを、1台づつ行なえる様に設計してあり、
      最大 10 輛まで出来ます。

 カプラーは、K D カプラー & アンカプラー に、依って 、着、脱、自在ににしてある。

 特徴は、 操作盤は、 ベースに組み込んである。

      ポイントは、手の届く範囲にまとめてある、(手動式を採用している)

      軽くて、持ち運びが便利、電源を継ぐだけ、簡単で場所を取らなくて良い。

      お出かけ(出張)タイプに、まとめてあります。

 *2年間も使用して来ました。
   お化粧をし直して、ドレスアップして、奇麗な姿に生まれ変わらせあげよう。
   少しづつ、手を加える事にします。


b0135282_7311982.jpg

b0135282_7313729.jpg

b0135282_8192618.jpg

b0135282_819448.jpg


先ずは、やり易い所から、ドレスアップを心見ました。

 1、作業員専用通路(踏切部分)を延長しました。
   フレキレールの、プラ製、枕木を再利用しています。

 2、ポイント切換え器(手動式) 
   ベースを、一段下げました。( 3t の、コルク板を切り欠く)
   ライナーを入れて、足回りを確りと固定しました。
   他に、良い物が見つからないので、従来の物を使用します。(シノハラ製品)

 3、アンカプラーの、位置をずらす、
   目印の白杭を、解り易く目立つ物に交換しました。

 4、線路に、サンドバラストを捲く事にしました。
   枝線は、白系に、グレーを、少し混ぜた。
   本線、支線は、茶系にしました。

 5、空間に、パウダーを。(茶系−1、緑系ー3)

 *サンド、パウダーは、手持ち材が切れ、まだ、ベースの半分です。


  ー お化粧して、ドレスアップして、お出かけスタイルに、変身 ー
[PR]
by damataka | 2010-01-23 08:28 | ドレスアップ

貨車の入れ換えレイアウトを、再整備。

「写真を」しばらく載せれません。
     理由は、無料の範囲を越えてしまったからだ、そうです。

     過去の写真を抹消するか!! 新たに年 3,000,- 支払う契約をするか、
     いずれかを、選択しければならない。(blog の、先生に教えられました)


次のテーマは、貨車の入れ換え、単独レイアウトをいじくる事にしました。

 お正月のイベントで、2年間も活躍して来た貨車の入れ換えレイアウト、
 幾つか、改良すべしとの、指摘を受けました。


*大きさ、KD カプラーの 着脱 機能性は、特に問題はないが!!

 1、操作盤、スイッチの向が、逆操作だ??

 2、 〃  コントローラーが、急加速し過ぎる??

 3、サウンド操作、別レイアウトで出来る様になったので、カスタム不要かな??

 4、もう少し、ドレスアップしても良いのではないか??

 5、ポイント切換えは、手動式で良い(手の届く範囲)
   確りしていて、扱い易い物に〜〜

 6、車輛は、色分けされた砕石車が、子供達には 1番 解り易くて良い。

 7、ランプ関係が、点かない様に、思えるが??

 8、信号機は、無いんだね〜〜??


◉お正月のイベントでは、欠かせない存在になって来たので、指摘を受けた各所を改良して
 行こうと、手を出し始めました。

 基本的に、台枠(ベース)と、線路は、弄くりません。
[PR]
by damataka | 2010-01-22 10:09 | ドレスアップ