「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 12月 ( 35 )   > この月の画像一覧

正月恒例走り初め、道新で発表されました。

b0135282_8305547.jpg


  正月恒例「鉄道模型走り初め」の案内が、

  今日の、「北海道新聞」に載っています。


 奥に、別枠で、N ゲージのレイアウトも、組まれています。
    此処の受け持ちは、北軌道クラブさんです。


尚] ダマタカは、写真の中央(後ろ側)に写っています、何時もの、オーバーオール姿で。
[PR]
by damataka | 2009-12-31 08:37 | イベント

札幌鉄道模型クラブの新春大運転会、お知らせ。

札幌鉄道模型クラブ、新春大運転会が、下記の日程で開催されます。

場 所:京王プラザホテル札幌 イベント会場 (札幌市中央区北5西7)

日 時:1月2日  11:00 〜 18:00  入場無料
     3日  11:00 〜 17:00

内 容:メインレイアウト 8M × 10M 
    モニターを見ながら、車載カメラでの運転が出来ます。常時2名参加自由。
    H O ゲージの車輛が、レイアウトの上を疾走します。

おまけ:貨車の入れ換え     ー 1面
    車輛の入れ換え     ー 1面
     & サウンドシステム  ー 1面

    3人が同時に、此れ等を、自由に操作して、楽しめます。
    ダマタカ、チームが、受け持ちます。 ( お声掛け下さい )

今年は:北軌道(Nゲージ担当)さんも、一緒に行ないます。

他 に:京王電鉄さん、
    古本屋さん、
    鉄道グッツ屋さん、等も例年通りにお店を出します。

通の方へ:家族連れで、15時ころまで、込み合います。
     15時以降、少し空いて来ると思います。
     夕方からなら、ゆっくりと見れるかも〜〜

 [明日の、北海道新聞に、詳細が載ると思います、お見逃しなき様に!!]

b0135282_9143237.jpg

b0135282_9145544.jpg

b0135282_9151453.jpg


 ご来場を、お待ちして居ります。
      本年は、この辺で、終わりとします。

                  ー 皆さん良いお年を ー
[PR]
by damataka | 2009-12-30 09:35 | イベント

ランプの、テストを行ないました。

b0135282_111008.jpg

b0135282_11102485.jpg

b0135282_11104345.jpg


ディスプレイ・レイアウトの、ランプ、テストを行ないました。

車輛止め、4カ所 設置してあります。
2カ所ランプが付かなかったので、見てみました。
1、ダイオードが逆に付いていました。 外して付け替えをした。
2、ハンダが付いていなかった。    ハンダを付け直す。

b0135282_1118790.jpg

b0135282_11182527.jpg

b0135282_11184121.jpg


信号機のランプをチエックする。

緑ランプは付くんですが、赤ランプが付かない。
基盤をチエックして見ると、配線が間違えていました、 継ぎ替してOK になる。
新しく作ったPWM 操作盤で、ワニ 口を使って電源供給をしました、軽くて便利です。
テスターで、各系統をチエックしていきました、
電子工作をして、少し電気に馴れて来たみたいです。

b0135282_11442191.jpg

アンカプラー 5枚 設置してあります。

1枚は、支線の中央部に。
4枚は、枝線に並んでいます。

車輛が通ると下になってみえなくなる、横に目印の、白杭を立てました。

 ー 早いんですけど 午後から、イベント用品の 搬入をします ー
[PR]
by damataka | 2009-12-29 11:39 | ディスプレイ−2

昔の、サイリスタ、システム。

b0135282_13421194.jpg

サイリスタの、部品です。

*35 年程前の物です。
コンパネ1枚のレイアウトの頃、普通の操作盤ではスピードが速過ぎると感じていました。
サイリスタを中間に挟み込んで運転すれば、小さいレイアウトでも充分楽しめる。

採用しました。
周波数を半分カットさせた、制御方法と聞き及んでいます。
超スローで走り出します、ただし、低速状態だと、ウナリ音がしました。

 制御盤が2つなので、1つにまとめようとして、バラシて解らなくなって現在に至る。

10 前に、模型屋さんで新たに欲しいと言ったら、今は無い。
変わりに、「エンドウ」の 操作盤を買いました。

*固定レイアウト。
2線有り、操作盤が2台必要になった、1台はKATO スタンダード S を、改造 BOX に
組み込みました。
安くて、ゆっくり走ってくれます。 HO 棒形モーター 何でも O K。
レイアウトも、大きくなったので、超スローのことは忘れていました。

*新たな、パワーパック。
トランジスタ式を、教本に従い組んで見ました。
ラビットスタートでした。 
アンカプラーの処で、止めるのには熟練技を必要とする。
可変ボリュームを2個足して、何とかクリヤーしたみたいです。

*PWM タイプ。
周波数制御方法、サイリスタの新しい考え方だと思い、
この際組んで見ました。
特段、超スローには、思えませんでした。

もしかして、トランジスタとPWM を直列させれば、超スローになったりして〜〜
持っていた、サイリスタが、この方法でした。

*ちだ さんへ
KATO の操作盤。
スピードについて,何を根拠にと問われたので、例として、出しました。
何回も言いますが、「KD カプラーの機能を、活かす操作を」普通にしたいだけです。

もし、別な方法で、ゆっくり走らせることが出来るのなら、教えて下さい。
当面は、2面の操作盤で、間に合っているので、急いでは 折りません、
頭の片隅にでも、入れておいて下さい。

電車は(パンタタイプ)、持ち合わせていないので、段階制御運転方式は、頭に無い。
年が明けたら、沖縄 さんが、推奨する オート リターン システム を、手掛けてみます。

*教本の御陰で。
踏切警報機の点滅ランプ&音も鳴らす事が、出来ました。
制御盤も2面、出来ました。
教本に出会わなければ、電子工作なんて、難しい事、さけて通っていたと思います。
お正月のイベントで、日曜大工から、電子工作まで、て、仲間に自慢できます。
                   
                ー お世話になり ありがとう ご座いました ー
[PR]
by damataka | 2009-12-28 14:32 | 電子工作_その他

電動ポイントの調整。

b0135282_8574449.jpg

b0135282_8233592.jpg

b0135282_8235313.jpg

b0135282_8241131.jpg

b0135282_824283.jpg


ポイントは、4カ所に設置しています。

 NO,O  ポイント  手動式
 
 NO,1   〃   電動式  表側に手動式が、ダミーで置いてあります。

 NO,2   〃    〃

 NO,3   〃    〃

 NO,1 〜 NO,3 は、ベースの裏側にポイント・マシーンを設置して、
 操作盤のスイッチ操作で、ポイントが作動する様にして有ります。

 ポイント : シノハラ NO, 6   マシーン : 天賞堂の物

 ポイント・マシーン3台、まだ、ポイントに連結されていません。
 これから、作動アームを取り付けて、連動する様にします。

 モーター式のポイント・マシーンは、意外とシビアです、
 アームの長さが短いので、うっかりすると、片側のみしか接触してくれません。
 きちっと、バランスの調整をしなければいけない、難しいんです。
 マシーンは、単独の上下作動のみを行なわせています。フイードバック等はしていません。

 本音を言うと、あまり、触りたく無いんです。
[PR]
by damataka | 2009-12-28 08:56 | ディスプレイ−2

踏切・警報機の、「音」をセッテングしました。

b0135282_15273290.jpg


踏切・警報機の「音」を組み込む。

デイスプレイ・レイアウト、踏切部分の裏側に「音」の発生装置を組み込みました。

 踏切・警報機の 点滅ランプと、同調して「音」が鳴る様になりました。

 音色 : バア ン、 バア ン  バ〜ン、 バ〜ン  て、感じです。

      カ〜ン、カ〜ン とは、随分音色は違いますが

      「 それなりに、良い音色だと 」 思います。

初めての、電子工作で作り上げました。だから、基板をゆったりと、使用しています。

ランプの点滅だけでもと、思って始めた電子工作、
教本を手に、我ながら良く頑張ったなーー 作り始めてから約2ヶ月で、
やっと、セッテングが終わり、操作して見て、1人で、感激しています。


b0135282_1541130.jpg


ベースに、穴が明けて有る。

 スピーカーの位置に合わせて、ベースに穴を明けて置きました。

 音量が小さくて、聞こえない事を心配していたんですが、充分、聞こえます。

 バランス的に、スピーカーが、離れた場所に成ってしまいました、
 離れた場所で、音が鳴って、違和感をも心配していましたが、これも大丈夫みたいです。


b0135282_15493585.jpg


スピーカーの位置は、手前側の柵の、先端部分になります。

 表側から見ると、踏切に、警報機が、立っているだけです。

 裏側の、基板製作の苦労なんて、だれにも解りゃしない。


警報機の、ランプが点滅して、バ〜ン、バ〜ン、て、【音」も、鳴る。

  見て、聞けば、当たり前、 あれーー 音も鳴るんだ〜〜 

 遮断機は、降りないんですか〜〜 て、 言われそうーー 


   ー イベントの準備、着々と進めています ー
[PR]
by damataka | 2009-12-27 16:20 | ディスプレイ−2

パワーパックの、ポリスイッチを交換。

b0135282_18544532.jpg


ポリスイッチを交換する。

  上側  PTF  0,65 A
  下側   〃  1,3 A

  大きさが、こんなに違います。


b0135282_1855891.jpg


パワーパック 2台 完成。

 右側 PWM  です。         (AC アダプター 使用

 左側 トランジスタ タイプ です。 (トランス内蔵

    機能を3台分、同じ条件で有しています。

    ボリュームの、ツマミを1個づつ 違う物にして、遊んでいます。


ちだ さん、沖縄 さん、無事解決したみたいです、 (お騒がせしました
 これで、モーターの慣らし運転をして見ました、ポリスイッチは、作動しません。
 ホット 胸を撫で下ろしています、 感触は、良い見たいです。
 ちょっと考えれば、解る事ですよねーー これで、大丈夫だと思います。


[追記]
ヤマハから、デイスプレイ・レイアウトを、下げて来ました。
お正月のイベントに出展するためです、作品は 29 日の 午後には搬入する事に成っている。

少し、手を加えなければ成らない。

 1、踏切・警報機の、「音」

 2、ポイント・マシーンの動作調整。

 3、車輛のカプラーを点検する。

 * 操作盤は、前述の通り調整完了。

このレイアウトも、車輛が自由に入れ換え出来れように設計してあります。
アン・カプラーの上で、 K D カプラーが、外れ、自在に並び替えが出来ます。

 = 来場者 フリー参加で、操作を 楽しんで貰う =

貨車の入れ換えと、同じ様に車輛を限定して、整備して、置かなければ成らない。
車輛は、自作の「タンク車」にしようと 思っています。

場合いによっては、レイアウト 2面で 行なう。(待ち時間を減らす為)



ー余談ですがー

トランペット が かなり 上手に なりましたよーー

昨日が年の最終日でした、年末恒例の 第九 を、吹きました。
メロディ〜〜 が、いまいちで 修正を受けましたが、[音は合格点]
  ラ ラ シ ド ド シ ラ 〜 〜
1年前とは雲泥の差で、 高い音を 無理なく 息切れしないで 吹けました。

月謝を払って、習う!! 時間がもったいないから、予習復習してから行く??
トランペットは、長時間の練習に 唇 が、堪えないんです。
小刻みに練習して、唇の筋肉を鍛える(別の方法も有る様です??)事が大事。

3日もサボると、元に戻ってしまう。 日頃の鍛錬なくしては、成り立たないそうです。

石の上にも3年と、言うことわざあるので、それまでは、ガンバってみよう〜〜

案外、練習に時間が取られるんですよー 他の事に夢中になるとつい疎かに!!

blog と、一緒に初めて、我ながら長続きしていることに、驚いています。 (年の瀬に
[PR]
by damataka | 2009-12-26 19:19 | 電子工作_操作盤

作った操作盤の、スピードに付いて。

教本より、トランジスタ式、スイッチング・レギュレータ式(PWM)  
2種類の、操作盤を作りました。

 今、スピードについて物議を。

「 ダマタカさんが言う、スピードが速いとは、何を指針に言っているのか 」

KATO の、スタンダード S です。
この商品は、安くて、容量は 1 A 程度ですが、H O ゲージでも遜色無く、
ゆっくりした、初速から〜〜スピードが U P してくれます。
中間から最大の方は、チョット速い様な感じがしますが、
あまり贅沢は言えないでしょう。 なんせ、安い物です。

b0135282_2132363.jpg

b0135282_2134572.jpg

b0135282_214280.jpg

b0135282_2141740.jpg

b0135282_2143370.jpg

b0135282_214485.jpg


メーカーさんに、叱られるかもしれませんが、特許品では無いですよね、
電子工作の発展の為と、ご容赦下さい。

内部は、たったこれだけの部品で、成り立っています。
大きい物は、リセットボタンと、電源ランプ、放熱板が付いていますね??

アダプターは、A C 100 V → A C 12 V です。A C → D C の整流器が判別出来ない??

  だから、ダマタカが見ても、参考にも、なら無いんですよ〜〜

この操作盤で、貨車の入れ換えをやっています。
  アンカプラーの上をゆっくりと通過させて、K D カプラーが、外れてくれます。

 教本の、トランジスタ式では、スピードが速過ぎてアンカプラーの処で
 止める事が難しい〜〜です。 (可変ボリューム 2 個、足して何とか成ったかな)

 PWMで、やっと 同じ位の、スピード で しょうか。

 たいして、複雑な電子部品は使われていない様に思うんですけど。
 ボリューム付いていませんよねーー
 むしろ、今、作っている方が〜〜 好い物を、使っているハズです。
 だから、サイリスタ運転みたいな、超スローを、期待したんです。

 確かに、前段で電圧を下げれば、超スローには成りますよね、
 まだ、牽引をさせていないので、その力量が解りませんが。

 アン・カプラーの 上を ゆっくりと 通過させたい だけです。


[追記]
直接指導うを受けている、お店「梅澤無線電機(株)の山下さん」に、言われました。
電子工作の初心者が、教本を見て、同じ様に、作り始める事でしょうーー

ダマタカさんみたいに、初心者がつまずくところ、間違える事は、誰しも一緒です。
blog を書いているのなら、良い事ばかしでなく、その、失敗談も書きなさい〜〜

勝手が違って、ハンダ付けも出来ませんでした、すべてにおいて無知でした。
ハンダこて 30w とハンダ受け台、ハンダ、ニッパを買って電子工作にチャレンジ
恥も外聞も無く、実行有るのみ、やらなきゃー 失敗もないし、覚えもしない。

馴れれば、ハンダ付けが面白い、パズルをしている様で、時間の過ぎるを忘れてしまう、
何度も、やり直しをしている内に、自然と身に付きます。

年末の挨拶回りに、仕事先へ、作品を持って行き、皆に自慢して来ました。
「暇だから、こんな事をしています、こんな物を、作る暇が無い位、仕事を下さい」
ボケないから良いね〜〜 商売替えした方が早そうーー 趣味が有るから良いよーー

初めてする事はどれも一緒、電子工作に限った事では無い、
電気屋さんでも、基板を組め無い人、多いいよーーて、励まされました。(商売 商売

部品が揃い、指導してくれる人を見つけたら、明日からでも電子工作の道へ、
 失敗を 恐れずに、前え〜〜 進めーー
[PR]
by damataka | 2009-12-25 21:54 | 電子工作_操作盤

操作盤の、ポリスイッチの選定。

今、教本から作った2種類の操作盤のポリスイッチに関して物議を。
ポリスイッチ : 自己復帰形のヒューズ、(過電流防止器)

設計では、その値が「 0,65 A 」と、記載されています。
人により、この値の、解釈が異ってしまうらしい。
1、0,65 A で、作動させると、読むか、
2、0,65 A が、通常流れる電流と、読み取れば、
  この場合、倍で作動するので 「1,3 A 」と、成るそうです。

* 0,65 A か、1,3 A か、「選定」に大きな違いが出て来ます。

この数字の「 値を 」どの様に解釈するか、ルールが有ると思うんですが??

トラブルの原因は、
 ダマタカ側が、この値を、「 作動する値 」と解釈した事に有る様ですねーー
 (根元の、ヒューズ 0,3 A から勘案して)

 O,65 A で選定した物を、1,3 A に置き換えれば、解消する訳です。

 良く考えれば解りそうな事ですよねーー
 素人の浅はかさ、もろに出たみたい、1 A 程度は考慮して置かなければいけないでしょう。
 許せる限り、大きい数字にして置けば、ポリスイッチは作動しない、当然な事ですね。
 でも、失敗したからこそ、学び、言えるんです。 


昔の、棒形モーターで運転する場合は、意外と電気容量が必要な様で,
この値「 1,3 A 」でも、ポリスイッチが、作動する事が有る様です。( 念の為 )


この様な事から、故障表示ランプは、必ず設けた方が良いと思う。
 この、ポリスイッチは、リセットが不要なタイプです、
 一度、スイッチを切って原因を取り除けば、自己復帰してくれます。
[PR]
by damataka | 2009-12-25 08:40 | 電子工作_操作盤

K D カプラーの、調整。

貨車、車掌車の、カプラーを調整しました。

 5輛は問題なく作動してくれました。
 残った、7 輛を 1輛づつチエックして見ました。


◉ 何と、油が付いて、作動不良を起していたのです。

 しぶい動きをする物に油を注していたんですね、時間が経過して、逆に油がネッパッて
 カプラーが、横を向いたままの状態に成っていました。

 バラシて、油を拭き取り、組み直ししたら、正常に作動してくれました。

 K D カプラーに、油を注して、とんだしくじりをしてしまった。 (アリャー リャー

 貨車の入れ換えレイアウトの車両達の、整備は終了しました。


 ストラクチャー等も見直ししましたが、時間がないので、特段、手を加えずに、
 不都合の無い所は、そのままとして置きます。


* 次に、専用の機関車の整備をしようと、思ったら!! 

 作ったばかりの PWMパワーパックに、不具合が発生しました。
 昔の、棒形モーター タイプには、 設計上 対応出来なかったのです。
 本の著者と、直接、遣り取りをして、指導を受けて、改良を施します。

  トンでもない方向に、進んでしまいました。

 機関車をいじっている内に、クランクシャフトが取れるし、落として前部をつぶすし
 逆に、緊急に処置しなければならない、仕事が増えてしまいました。 (大笑

  やーー め たーー !!
[PR]
by damataka | 2009-12-24 09:24 | レイアウト_貨車入替