「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

色々な、ディスプレイ。


 シルバーウイークに、

 某、ホテルへ行き、宴会場の壁面に、ディスプレイされているのを観ました。

 気分転換に、どうぞご覧下さい。


b0135282_7591863.jpg

b0135282_7593867.jpg


最初に目に付いて、デジカメで写しましたが、シャンデリヤが邪魔して

何を、写したのか解らない、部分的に取り直ししたのが、下の機関車です。


b0135282_835657.jpg

b0135282_842775.jpg

b0135282_844324.jpg

b0135282_84471.jpg

b0135282_85576.jpg

b0135282_853475.jpg

b0135282_853714.jpg


ついでに、他のディスプレイも。

 1ブロックづつ、テーマが決められています。

 全部で、8面 セッテングされていました。


もし、1ブロック貸して貰えるなら!!

 宇宙に旅立つ、999 を、斜め上に向けて表現してみたいなーー

 なんて、空想を働かせて、楽しませて貰いました。

 当然、 メーテル さん、車掌 さんも ??


1ブロックごとに、良くご覧になつて、そのテーマを見付けてみて下さい。


  ー 気分転換に ー
[PR]
by damataka | 2009-09-30 08:20 | その他

改めて、線路を敷設しました。

 ショウケースに入る様に直し、

  道床を貼り、2度も塗装をして、やっとベースが出来上がりました。

   いよ いよ 線路を 決めて行きます。



b0135282_72255.jpg


線路を敷設しました。

*前段で作って置いた、線路を道床に合わせ、専用クギ(イヌ釘)で、

  線路の穴に、チドリで止めて行きます。

  ポイントは、両側を確りと、止めました。


 留め具は、小形のラジオペンチ(円ショップの物)を専用として、使用しています、

  ペンチで掴んで、真直ぐに差し込んで、残った頭部分を、先端で押し込む。


 ギャップ は : 本線の、ポイント(NO,0)の、後ろ側に1カ所。

 フィーダーは : 支線の、ポイント(NO,1)の、前側に 1カ所。

 ベースの継ぎ目は : 個々に、線路をジョイナー接続として、配線は施しません。


  ー 次回からは、小物を部分的に配置して、少しづつ、仕上げて行きます ー
[PR]
by damataka | 2009-09-30 07:33 | ディスプレイ−2

再度、塗装をしました。

 昨日は、雨降り。

 今日は、天気が良いので、午前中に、また、外で塗装をしました。
 (仕事が無くて、暇なんです)


b0135282_11451058.jpg


側面に、アイボリー色を塗る。

*スプレー 1缶 吹きましたが、コンパネのコバが目立つ!!

 再度、刷毛で目をつぶしながら塗る事にしました。

 白系は、回数塗らないと、駄目なんですよ??

  もう1回、塗ります。

 最初から、刷毛塗りすれば、早かったのになーー


b0135282_11503458.jpg

b0135282_1151329.jpg

b0135282_11512638.jpg

b0135282_11514415.jpg

b0135282_11515073.jpg


ベースの表面、

 気分が変わって、少しライトカーキーの、範囲を増やしました。

 青っぽく見えますが、グレー 色です。


線路の下の道床に色付をして、砂利が蒔いてある様な雰囲気つくりをしています。
[PR]
by damataka | 2009-09-29 12:06 | ディスプレイ−2

塗装を、しました。

 また また「 日曜大工 」天気も良く シャッターの前で、塗装作業をしました。

 通る人、何をしているんだ??  横目で見ながら、通り過ぎて行く!!



b0135282_6195253.jpg


ホームセンター の スプレー缶 3色 使用しました。

 アイボリー、 ライト カーキー、 グレー


    
b0135282_620275.jpg


ライト カーキー  本線に 。

グレー       支線 & 枝線に。

アイボリー     台枠 & 内側に  1本 使いました。


  台 枠    本来は、焦げ茶 or チョコレート色系を塗り、落ち着かせますが、

         今回は、台枠の側面に、チョット悪戯をする事を考えに入れて、
        
         下地として、白系のアイボリーにしました。

         ( 出来上がりを、お楽しみに )


         まだ、木肌が見えているので、

          塗料を買い足して、今度は、側面を刷毛塗りで、

         奇麗に、仕上げします。


  この後、 気分が変わって、支線の途中まで、

        ライトカーキー色を薄めに、塗り重ねました。

 

   ー 次は、改めて「作ってある」 線路を敷設して行きます ー
[PR]
by damataka | 2009-09-28 07:33 | ディスプレイ−2

道床を、貼りました。

 
 取り付けた、線路を外して、道床を貼ります。

  3t と、薄いですが、アクセントとして、充分だと思います。


b0135282_6521851.jpg

b0135282_6525051.jpg


道床に、コルク板を使用します。

* 3t × 1,000 × 1,000 より、ハサミで切り出す。

  単線の幅 = 40 mm

  ポイント、枝線(引き込み線)部分は、前面貼りとしました。



b0135282_6551817.jpg

b0135282_6553665.jpg

b0135282_6555837.jpg


ベースに、道床を貼る。

*  G - 17 を ベースとコルクの両側に付けて 指で伸ばす

  チョット 乾かしてから 重ね合わせて

  ゴムハンマー で 叩く。



b0135282_71073.jpg


形を、仕上げました。

*部分的に、1度外した線路を乗せて合わせて、

 余白をカッターで、カッテングして行きます。


   ベースに、道床貼りが、完了しました。


    ー 次は,塗装をします ー


記] 線路は、再利用する事を考えに入れて、砂利等蒔かない事にします。

   ベース & 道床を先に、塗装します。
[PR]
by damataka | 2009-09-26 07:38 | ディスプレイ−2

線路を敷設ー2

  ディスプレイ・レイアウトに、線路を敷設しました。


b0135282_63761.jpg

b0135282_634285.jpg

b0135282_634915.jpg


線路を敷設。

*本線、支線、枝線(引き込み線)

 当初計画には無かった、本線から支線へのポイント( NO,0 ダミー ) を 追加しました。

 主、ポイントは 3カ所として、遠隔操作切り換えを行います。

 線路を固定するには、専用のイヌ釘を要所に、
  小形なラジオペンチ(円ショップの物)で、押し込みます。



b0135282_635591.jpg

b0135282_6355092.jpg

b0135282_6355963.jpg


詳 細。

*ポイントの部分に、手動式 切り替え機を ダミーとして置く。

 線路の継ぎ目(ジョイナー)に、枕木を足します。

 車輛止めを、設置。 ( 赤色ランプをセットする予定 )



b0135282_6363023.jpg


全体像です。

*展示スペースが、長く取れたので( L= 2,840mm )

   直線タイプの 往復運転を実演出来る プランで、まとめて見ました。

 尚、KD カプラー & アンカプラーによる、着、脱、を、楽しめる様に配慮する。


◉ 工作室で、ベースを一体化させて、何とか、作業する事が出来ました。


   ー この線路は、道床をセットするので、1度 取り外します ー
[PR]
by damataka | 2009-09-25 07:31 | ディスプレイ−2

線路を敷設する。

  ベースをペーパー掛けして、仕上げました。


b0135282_626285.jpg

b0135282_6265543.jpg


金具で止める。

*ショウ・ケースに入れると、幅が狭くて側面で継ぐ事が出来ない,

 3分割を一体に、上側から、金具で止めました。


b0135282_6322742.jpg

b0135282_6324242.jpg


線路の敷設を。

*先端部の構想を変更しました。

 幅が 120 mm と狭いので、線路は1本とします。

 本線から支線が分岐されていた方が、自然の流れの様に見えるので、
 ポイント(NO,O)を設ける事にする。

 ポイントは NO,6 手動式。 (実際に使用する事は無い)


b0135282_6423863.jpg


NO,1 ポイントの位置を決める。

*車輛を置いて、有効スペースを確認する。

   DE-10 & JR タンク車 2 輛。

 線路を加工して、セットして行きます。


b0135282_6474960.jpg


NO,2 NO,3 ポイントの位置を決める。

*NO,1 ポイント位置が決まれば、最小限の操作性を考慮して、

 次のポイント位置を決め、線路を作ってて行く。

 線路は、本設と同じに専用クギで要所を固定する。


  ー 順次、線路を敷設して行きます ー
[PR]
by damataka | 2009-09-24 07:31 | ディスプレイ−2

ベースを仕上げます。

b0135282_7153194.jpg

b0135282_7161234.jpg


側面を、鉋 & ヤスリを掛けて、仕上げをしました。


b0135282_7165120.jpg

b0135282_7171220.jpg


ベニヤ板のコバにパテを、塗り込む。

ビスの頭に、再度、パテをする。


b0135282_7172396.jpg


外の風にあて、乾かす。


  ー 乾いたら、ペーパー掛けをして余分なパテを落して、完成 ー
[PR]
by damataka | 2009-09-22 07:30 | ディスプレイ−2

ベースを作り直す。

 
 日曜大工で、ベースを作り直ししました。


b0135282_654091.jpg


3分割式、全体寸法は変わりません。

幅の狭い方から

1、 そのまま、

2、 切断しました。

3、 材料が余っていたので、継ぎ足さないで、1枚もので作り直しした。

   枠木を1本買い足す。

注)木ネジは、全ネジを使用しています。

  下穴キリ(テーパーの物が有ります)で、下穴を明けてから、
  材料が、割れない様にしています。

  ネジの頭を、少し沈める。(場合によっては、皿取りをします)

  工具は、コード付きを使用、コードの長さは4Mに変えて有る。
  仕事でも使うので、使い勝って良く、改良してあります。


b0135282_6542812.jpg


作った物を、バラシて、

木工ボンドを付けて、キチット 止め直し(組み直し)を、しました。

ネジ頭を沈める。


b0135282_654435.jpg


作り直して、出来上がり。

パテで、ネジ頭 & キズを、埋める。



  ー 乾いたら、細部の仕上げをします ー





b0135282_6545282.jpg


ホーズキ

 ほーずきが、赤く色つきました。

 なぜか?? 切り花にして花瓶に!!

地植えにしていると勝手に増えるので、塀の外〜〜、適当に間引きしてます。

鉢植えでは、咲いてくれません。(たぶん、肥料が多く必要なんでしょう)
[PR]
by damataka | 2009-09-21 07:32 | ディスプレイ−2

線路敷設の準備をする。

 ディスプレイ・レイアウトに使用する

  線路を加工して、パーツの準備をしました。


b0135282_694386.jpg

b0135282_610299.jpg


線路は、シノハラ 100 番 フレキ  ポイントは、 N 0, 6

* 線路を、ニッパで、切断。  反対側は、少し切り捨てる。

   (専用の、切断ペンチ & ノコ が、有るんですよね??)

    乱暴に、ニッパで切ってます。

  ヤスリで、面を仕上げて、 ついでに各部分の面取りを行う。



b0135282_6214320.jpg

b0135282_6221054.jpg


ジョイナー (線路接続金具)を、加工する。

* 専用の工具で(自作品)、ジョイナーの口を広げる、押し込む。

  線路に、無理なく入れられる感じに調整して置く。

  皆さん、苦労しているのではないですか??
   円ショップの工具にチョット細工をして、入れ易くしています。

  ジョイナー 1 〜 2 mm  長いんですよねーー チョット切りたい感じ。


b0135282_629970.jpg

b0135282_6293820.jpg


枕木を、加工する。

* 枕木を、ジョイナーの厚み分、カッターで削ぎ取る。

  線路の接続部分(ジョイナー使用部分)に、枕木を追加します。

  この際、線路の枕木の全体間隔(バランス)を、修正します。

  この作業、恐いんです。
   面倒でもストッパーを用意して、新しい刃で作業すれば手を切らなくて済みます。


b0135282_6393667.jpg


 線路敷設の、付属品。

  ジョイナー と 枕木に、手を加えました。



   ー 今日は日曜日、 日曜大工でベースを直します ー




b0135282_6554824.jpg


 フーロ

 夏 〜 秋, 花の少ない時期に咲いてくれる、花木。

 葉が、毛虫に食べられているので 花だけ クローズアップ。

 背を低くして、お向かい側に植えてあります。
[PR]
by damataka | 2009-09-20 07:30 | ディスプレイ−2