「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

貨車でも作ろう ー 4

b0135282_619263.jpg


床板に、前後板とカプラー座をハンダ付けしました。

*次の、作業の為に、マジックを塗る。

b0135282_623596.jpg


前後板、カプラーの取り付け部分を加工する

 1、ケガク
 2、万力に喰え、糸鋸で切る。
 3、KD カプラー NO,5 が入る様に、幅をヤスリで仕上げる。
 4、現物を合わせて行う。


b0135282_6233573.jpg


カプラー座にねじを切る。

 1、ボール盤で、M2 ネジ 下穴 φ1,6 を、明けます。
   面から 6,5mm センター で、ポンチ。
 2、面取りを行う。
 3、タップを立てる。
   タップは、1番、2番、3番、と、セットになっています。
   普段は、2番タップで立てますが、今回は、板厚が厚いので
   1番で、立てました。(ネジを切る事を、ネジを立てるとも言う)

   M 2 ネジは、良く立てるので、専用工具を作って有ります。


b0135282_6343290.jpg


KD カプラー NO,5 の、下処理。

*蓋についている、突起をニッパで、切断、除去しちゃう。
 出っ張らないように、面に合わせ、短めにしています。

  両側 × 貨車の編成台数 = 短くなる。

[#IMAGE|b0135282_6341160.jpg|200906/30/82/|mid|640|392#

カプラー取り付け状態。

*面に合わせて、組み付けます。
 前後板の高さは、カプラー取り付け高さに合わせている。

 前後板は、後で、側面と下面を
 ヤスリで、テーパーに、目験で、仕上げをします。


b0135282_6355280.jpg


止めネジについて。

 1、真鍮製の、頭が大きいネジを使用してます。
 2、治具を作り、長さを決めて、切る。

   丁寧に、1,4or1,7 ネジ ー2本で、止める方もいますが、
   緩まない様に、頭の大きいネジ1本で確り止めます。
   普通のネジで止めて、割れた事があったので。

   並べて見ました。違いが解ると思いますが??(右手前3本普通ネジ)


  ー カプラー(連結器)の、説明を、丁度、したところなので、

       その、取り付け方法を、少し、詳しく述べてみました ー


記)デジカメが、修理から戻って来ました。
  なんと、機能まで、新しい物と交換してくれたみたい。
  カシオ 7倍 ズーム (ノーズが出ないヤツ)

 1、接写が出来る様になつた。
   最近、写している写真が随分鮮明になった、なーー 
   壊してレンズ交換して、新しいからだろーー
   接写機能が増強されていました。150〜200で O K.

 2、フラッシュ機能が、常備オートに変換されました。
   常時切りのスイッチが無くなった、勝手が違い、戸惑う。
   接写する時、蓋を明けたら、すぐに、フラッシュ切りを選択。

 まだ、充電器を使用して、P C に取り込んでいますが、
 また、コードを引っ掛けて、落として壊さない様に、
 これを機会に、メモリー読み取り式に、換えようと、思っています。

 なにを、いまごろ、アホなーー 時代錯誤、て、笑われてしまいますね。

 デジカメ、パソコン、Blog のために、ガンバっています。
[PR]
by damataka | 2009-06-30 07:47 | 貨車_セキ

貨車でも作ろう ー 3

b0135282_7262346.jpg


下回りの材料を、切り出しました。

床板、前板、カプラー座、を、用意しました。


b0135282_7274025.jpg


下回りは、こんな感じになります。テスリ付きでまとめます。

これは、ストック品です。


b0135282_7281528.jpg

b0135282_728349.jpg


洋風の、トラ。

途中で、他の事に手を出して、ストップしたまま。

 NO,1 完成

 NO,2 下回りが残っています (軸受け、車輪、バッファー)

 N0,3 扉を、付けるところでストップ。 パイプを買い足しました。
     カッコ良く、観音開きにしようと、蝶番を作ります。

     バッファーを作るのに、二の足を踏んで、中々、前に進めない。


b0135282_7285096.jpg


車掌車 φ2 12V 用 テールランプが手に入ったので何とかしよう。



  ー 材料作り、だけだったので、仕掛かり品を引っ張り出して見ました ー
[PR]
by damataka | 2009-06-28 07:55 | 貨車_セキ

カプラーに付いて、ご質問にお答えします。

KD カプラーについて、

 アン・カプラー(マグネット板)と、1対で、効果を発揮します。


b0135282_1021640.jpg


KD カプラー NO.5

もう、パテントが切れたので、似た者が、他所から発売されています。

1袋 4個入り。

自作品は、すべて、 KD カプラー を、付けています。
車輪と、カプラー(連結器)は、購入していて、安く買う事が出来ないか
色々と、検討しました。


b0135282_8245966.jpg


KD カプラー NO,8 1袋 ー 4個入り 2輛分

既存の車輛に、 NO,8

新規製作には、 NO,5

この2種類を、主に使い分けして使用しています。
他に、沢山の種類があります。難しく考えなければ、このタイプが無難。  


b0135282_8251932.jpg


KD カプラー NO,5 ケース無し。 20ペアー 40個入り 20輛分

アメリカで買えば安いと聞き、行く人に頼んで、買って来て貰いました。
なんと、ケースを作るハメになってしまった。 安物買いの・・・・ですね。


b0135282_827281.jpg


KD カプラー 手持ち品

WGさんより、アメリカ車輛に、NO,5 を付けた(ケース不要)余りを
1OO個程 無償で譲り受けました。
brog を見て、見かねたのでしょう、優しい方です。 あらためて、感謝してます。

マイル 車輛を目指した方で、カプラーの交換方法を詳しく述べています。
ReilSearchで、WGさんを捜して、見て下さい。 熱海の方です。


b0135282_8344214.jpg

b0135282_835218.jpg

b0135282_8352079.jpg


カトウの車輛やアメリカ型で、カプラー固定式の物は、ワンタッチで
KO,5 に交換が出来ます。この時、ケースは不要になる。

カプラー 治具で、チエックする必要があります。 作りました。
後で知りました、市販されているそうです。

Brog 友達の、初瀬さんが、手持ちのゲージを見せてくれて、
インチ換算までして、細かいアドバイスを、してくれました。
          (その節は、大変お世話になりました)


b0135282_9112047.jpg

b0135282_911397.jpg


KD カプラーは、アンカプラーと1対で、初めて能力を発揮してくれます。

線路に、両面テープで簡単に止める事が出来るタイプをお勧めします。
色々な、タイプが有るので、間違えない様にご注意されたい。


b0135282_918280.jpg

b0135282_9182815.jpg

b0135282_9185080.jpg


貨車の入れ換え、単独レイアウトです。 アン・カプラー (離脱装置)を、
6枚使用して、貨車を10輛まで、出し入れして遊ぶことが出来ます。

D 51 サウンドも、切り換えで、ついでに、楽しめ、
コンパクトで、2つ同時に。 ダマタカ、オリジナルです。

記)イベントで、子供が100人程、 3〜4輛の入れ換えを行い、
  ノントラブルで、目的が、実行ができ、楽しんで貰いました。

  上手に、アンカプラーの上で止めると、自然にカプラーが外れ、離れる。
  通過する時は、外れません。 大人も皆、不思議がっていました。

  ー この、カプラー機能は、優れ物だと思います ー
[PR]
by damataka | 2009-06-27 09:58 | 貨車_その他

貨車でも作ろう ー 2

b0135282_638523.jpg

b0135282_6391071.jpg

b0135282_6393490.jpg

b0135282_6395858.jpg


側面と曲げた妻板を、組んで行く。

 1、角&押さえの、治具を簡易に組み立てる。
   工作台に、ハンダ台板を自在クランプで挟み、出っ張らす。
   角合わせを、シャコ万で止め。
   付ける物も、動かない様に自在クランプ(プラ製)で、挟む。
   愛用の、ハンダ付け道具。 台板も含め、すべて、円ショップの物です。
   ハンダ付けがヘタだから、焦げ目だらけです。 80W 使用で??

 2、右方向、左方向と向きを変えて。
 3、形になる様に、仮付けし行きます。
 4、修正しながら、本付けしました。


b0135282_6402073.jpg


現物合わせで、底板を付けました。


b0135282_6403727.jpg

b0135282_6405971.jpg


補強材を付けて、上回りの形が出来ました。

等間隔になる様に寸法を割り出し、ケガキをして、4角は1mm 角棒とした。

後、中板を付ける予定。上に鉱石を乗せる為。

  妻板側に、ハシゴ(既製品)を付けます。


b0135282_641493.jpg


床板を寸法に仕上げ、下回りをまとめて行きます。

*前後の当て板、カプラー座、等を、切り出し作っていきます。


b0135282_6421474.jpg


イメージで、もう1種類、作り始めました。
[PR]
by damataka | 2009-06-27 07:51 | 貨車_セキ

素材から、自由な発想で、貨車でも作ろう。

b0135282_7123867.jpg


バラ・キットを組んで、思い通りにならない事が多々あり、
ストレスが溜まりました。気分転換に手慣れた貨車を作ります。

真鍮素材: 0,3t 0,4t
 
副資材 : 帯材 レール

    : ハシゴ ブレーキハンドル

    : 車輪 カプラー

    : 軸受け 軸受けメタル


b0135282_7225271.jpg


材料取りの関係で、絵コンテ(フリーハンドで、設計図を起こす)をします。

フリー タイプですが、既存の車輛と基本寸法は合わせる。

今回は、前作より傾斜をきつくして見ました、この辺は自由な発想で。


b0135282_7253529.jpg


何時も通りに、

ケガキ、ハサミで切り、プラハンマーで叩き、ヤスリで寸法に仕上げる。

作る予定は、2 輛です。


b0135282_7283234.jpg

b0135282_7285463.jpg

b0135282_7291720.jpg

b0135282_7295424.jpg

b0135282_7302860.jpg

b0135282_73138.jpg


形を整形して行きます。

 ー 鉱石運搬車 ー

 1、側面の両側をテーパーに、カット。

 2、妻板を折り曲げる。

 3、これらを組む。


 上廻りを、イメージして作って行きます。
[PR]
by damataka | 2009-06-26 07:50 | 貨車_セキ

ラ イ ブ だーー (1番ゲージ)


ライブの、蒸気機関車

2度目の出会いです、今回は、落ち着いてじっくりと観察する事が出来ました。


b0135282_6145475.jpg

b0135282_6152841.jpg


  C 62 アスター製  1番ゲージ ライブ スチーム ロコ

  燃 料: アルコール 燃焼タイプ

  作 動: 蒸気発生による、動輪駆動。


*煙突の上に付いているゴツイ器具は、吸引装置です。
 ボイラーの蛇管のエアーを吸引して抜き、水の廻りを良くして
 蒸気の発生を促す装置。 蒸気が発生したら、この装置は外します。



b0135282_6155076.jpg


テンダーの後ろ側に: 水を入れ、専用の手押しポンプで、水を送り込む。

テンダーの 前側に: 燃 料の、アルコールを入れる。



b0135282_617542.jpg


釜が、燃焼中です。

*前回は、赤色でしたが、今回は、青色。 色が変わった見たい。
 
 あれから、連日、調整を繰り返したそうで、操作にも馴れ、

 燃焼効果が良くなった、証拠でしょうね。


 蒸気が発生するまで、それなりに時間が掛ります。



b0135282_6185437.jpg


操作室の器具類

*覗き窓、圧力計、操作ハンドル、等を、見る事が出来る。



b0135282_6193911.jpg


専用のフレキ線路。

*何か、写真だと、H O の、シノハラ・フレキレールに見えますが

 1番ゲージ専用レールです。  45mm幅 × 1M ー 10本

 ( ちなみにレール10本セットで、25,000,- て 言ってました )


 意外と小回りが利き、R = 1,000 位で、充分だそうです。

 レールも、30本程あれば、ゆったりと、走らせて遊べる感じですね。



b0135282_6195712.jpg


動輪が廻り始めました。

*蒸気が発生して、切り換え、「 動輪が廻り出しました 」

 専用のローラー架台付きです。


  噂に聞くライブロコを、目の前で運転して、見せてくれました。


   ー これぞ 蒸 気 機 関 車   ですね ー
[PR]
by damataka | 2009-06-24 07:45 | 機関車_その他

初瀬さんへ 8803でした。

手持ちの蒸気機関車、
 8620 だと思っていたら、8803 でした。


b0135282_1044641.jpg

b0135282_10442729.jpg

b0135282_10445948.jpg

b0135282_1045179.jpg

b0135282_1045344.jpg

b0135282_10455742.jpg

b0135282_1046123.jpg

b0135282_10463013.jpg

b0135282_10495272.jpg

b0135282_1050911.jpg

b0135282_10502612.jpg

b0135282_10504356.jpg


b0135282_1051880.jpg

b0135282_1051525.jpg

b0135282_1052970.jpg

b0135282_10525461.jpg

b0135282_10531478.jpg

b0135282_10533572.jpg


b0135282_10535949.jpg

b0135282_10542650.jpg

b0135282_10544833.jpg


特に、気がついたところ。
B−6 を組んで、ここは切断しないと難しいなと思ったらやはり分離してある。
前面からくる、ハンドレール。


Por6071さんに写真を要請しているのを見て、私もお手伝いをと思いましたが
型式が異なっていました。でも、似た感じなので参考にしてもらえれば。
  小さな親切、大きなお世話かも、しれませんが??
 
当方、1段落ついたもので、御節介を焼かせて貰いました。
[PR]
by damataka | 2009-06-23 11:13 | 機関車_完成品

気分を変えて ワンダー だーー

b0135282_64306.jpg

b0135282_6458100.jpg

b0135282_65172.jpg

b0135282_66527.jpg

b0135282_662491.jpg


アメリカ土産の、機関車です。

昨年、模型屋さん巡りをした時に、銀座の天賞堂 で 見掛けました。

4Fで、特に買う物が無く、(高価な物ばかりで、とてもじゃないが、手が出ない)

3Fで、3 種類、色違いであり、可愛くて、値段も手頃、
    ほしいと思い。店員さんに、これに似合う客車は無いですか?
    出来ればセットでほしいんですが、と話ししたら、今は無い!! 
    機関車だけでは、チョット物足らないなーー やめるかーー??

   *後日、この話しを、友人にしたところ、

    向こうで買うと安いんだ、

     これだろー 1輛 あげるよ てな 感じで!!


b0135282_67164.jpg

b0135282_67196.jpg

b0135282_675016.jpg


シスコの市電。

*前の続きで、

   また、アメリカへ行く時に、似合う客車を捜して来てほしい。


*捜したけど見つからなかった。

 これしか無かった、 替わりにどうだーー バランスは合うと思うぞーー

 シスコの市電、単独で走ります。 まさか、連結するわけにはーー (大笑


*レイアウトにて、撮影して見ました。

 どちらも車輪は小さいですが H O サイズです トコトコ トコトコ 走る。

 カラフルなので、レイアウトの雰囲気が がらーー と 変わりますね。

 これらの車輛に、ホームは要らないんだ、あつてもベース程度、

         でも、ついつい、ホームでーー て、 なっちゃいます。

 ホームに居る客車は、ペーパー製の自作品です。

    こんな感じで、塗装の釣り合いが取れた客車、3輛位ほしいな!!

 シスコ市電は、やはり、町中で坂道の方が、似合いそうですね??
[PR]
by damataka | 2009-06-23 07:37 | その他

C 57 キットを組むー8 完成

b0135282_849389.jpg


前板(フロント・ボード)を、取り付ける。

 1、前処置として、ウエート、煙突戸を付けました。
 2、前板を、ボイラー側のランボードに突き合わせで、ハンダ付け。
   平行を見ると、ボイラーに接触する状態になっている。
   ボイラーにも、ハンダつけ。

 3、デフを、側面に付けました。
 4、掴み棒も。


b0135282_850555.jpg

b0135282_850287.jpg


左右の側面に、部品に L 金具を付けて、凹みに差し込みハンダ付け。


b0135282_8513449.jpg

b0135282_8515613.jpg


キャブと組み合わせをする準備。

 1、ボイラー、キャブを、各々ネジ止めして、組み合わせを確認する。

 2、最終的に、止めネジ位置が2mm程、前にずれ、合わなくなった?

   ネジを切り直し、ついでにキャブの止めネジを、M 2 に交換した。

   原因不明です?? 最大限、前後に広げ直しをして、前板、キャブを
   組み合わせた。 ピッチは合っているので、前板ももっと前に??
   (シリンダーブロックにぶつかり、下がらない)


b0135282_9142341.jpg

b0135282_9144083.jpg


ボイラーとキャブをハンダ付けします。

 1、上側を、内側からハンダする。
 2、倒れ等をチエックして、下側を止めます。
 3、ボイラーとの隙間を修正しながら、全体をハンダする。


b0135282_9162218.jpg

b0135282_9164040.jpg

b0135282_9165849.jpg


解る部品を付けました。

*しくじって、ドームが外せなくなってしまった。
 (ウエイトを、戸側から入れ、後ろにぶつかり下がらない)

 出る、配管は、外付けとなる。

 その他、何処に付けるのか解らない部品は、まだ、付けていません。


b0135282_9184511.jpg

b0135282_919396.jpg

b0135282_9191929.jpg


テンダーをつないで、完成した姿を。


   毎度の事ですが、これで 『 完 成 』 と、します。


残った部品の取り付けは、良く考察してからにします。


   ー これで キット・シリーズ を 終了 と します ー


記)また、目付役に、おしかりを受けると思いますが!!
  どれも、キチット組み上げてありません。

  約2ヶ月間で、キット品の 蒸気機関車10輛を、大筋組みました。

  細部の取り付けは、その機種を把握(よく調べ)して、行うべきで、
  すべてに、精通している訳では有りません。
  色んなパターンががあり、同じ、メーカーでも組み方が異なる。

  目的は、単純に、キット品を組む事。(途中外れてとこも有りましたが)
  箱を開けて、主要部品を、各、パートに分類する。
  これがスタートで、おおまかに理解出来る物から組んで行けば 〜〜 完成。

  内容に関する意見は控えます!!
  ただ、どの、メーカーも、不親切だなーー と、感じました。



b0135282_9193585.jpg


箱に入っていた、余分な部品。

*誤解の無い様に。 持ち主が手を出しかけた結果です。

 他の箱も同じ様に、過不足が有りました。
[PR]
by damataka | 2009-06-22 10:00 | 機関車_キット

C57 キットを組むー7

b0135282_6522874.jpg

b0135282_652596.jpg


ランボードを、組む。

*2枚合わせになっています。

 向きをあわせて、だいたい、真ん中辺りに置いて、
 外側の3辺に、裏側からハンダ。 左右2枚づつ 計4枚


b0135282_6532715.jpg


ランボードを、ボイラーに取り付けました。

*取り付けは、ボイラーの凹みに嵌めて、下側をハンダ付け。(内側からは無理)
 前後に多少遊びがあり。 前側は前に、後ろ側は後ろに合わせました。

 倒れは、だいたい水平が出る感じ、でも、最後に、台、等に乗せて修正する。

 やり直しが利くので、まずは、付けてバランスを確かめる


 「 前側に前板を。 後ろ側にキャブを、それぞれ、合わせて見ます 」


b0135282_6551167.jpg

b0135282_6553487.jpg

b0135282_6564320.jpg

b0135282_657223.jpg


前板に、部品を付けて行きます。

 1、ステップ
 2、下板
 3、カプラーのカバー
 4、金具


b0135282_8154139.jpg


次に、前板を、ボイラー側のランボードとつなげます。
[PR]
by damataka | 2009-06-21 07:49 | 機関車_キット