<   2008年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

機 関 庫(2)

b0135282_1714849.jpg

材 質:ペーパー製 0.5白ボール紙  ホビー木材2x2 3x3
サイズ:80X270X90 普通の機関車1台分の大きさ。
付 属:室内灯2ケ (米球12V)
作り方:ペーパー製の基本的な作り方。
特 徴:建物に板目模様を縦に入れた。
    窓は1つ1つカッターで切り抜いた物を、
    1ブロックづつ内貼りした。
    2枚トビラも作ったが紛失してしまった。
    屋根に換気口を8カ所設けた。
塗 装: ハンブロール 手塗り。
    色調はコゲ茶と濃いグレー
[PR]
by damataka | 2008-04-30 17:50 | ストラクチャ_機関庫

機 関 庫 (1)

b0135282_8241934.jpg

材 質:ペーパー製 0.5t白ボール(厚紙)ホビー木材2X2
サイズ:110X210X90
付 属:室内灯2ケ
作り方:ペーパー製の基本的な作り方。
    建物に板目模様を横に入れた。
    窓を1つ1つ切り抜いた。
    屋根の半分に換気ガラリを設けた。
    工作室を張り出しで付けた。
特 徴:小型気動車2輛分の機関庫として以前に制作。
    Cタンク用にセッテイングして見ました
    屋根は外れる、駅舎と同じ作り方、1工程ごと
    に、薄めニスを塗ったのでプラ板と間違われる
    位カチカチです。
    色調を明るくして見ました。
塗 装:エナメル系(ハンブロール)を手塗り
 
[PR]
by damataka | 2008-04-29 09:24 | ストラクチャ_機関庫

ターンテーブルの作り方

b0135282_10461675.jpg

 ターンテーブルを作るのは、思いのほかかんたんです。
 難しいのは:位  置 (場 所)
       駆動方式 (モーター、手動)
       停止位置 (リミットスイッチ、光センサー)
 最初は手動式で、φ240位を、450×900程度のスペース
にターンテーブル・機関庫をブロック割にまとめ着脱式にして、
レイアウトに組み込む方法を、お進めします。
    (改造・メンテナンスの観点から)
 ー作り方ー
転車台:40×230×20レール受台を木材より作る。
    真鍮板(素材180×200)05t×230×23
    センターでつなぎ、フチ廻り・縦ラインに1.5角線を
    補強として付ける。左右2枚
    横0.5t×8×40,底1t×40×50台を包み込む
    様にして、底から木ネジで止める。
    両サイドの下に、燐青銅板を通電用に台へ木ネジとめ。
    後で、レールを付ける。結線する。
付属品:芯棒、受け座を4枚作る。
    1枚は転車台底に1t×φ50
    1枚座金に 1t×φ30
    2枚は受け板の上下に 1t×φ60
受け板:位置を決める。
    転車台の直径をコンパスで書き、少し大きめにジグソー
    で切る、別に転車台とレールの高さをブラスする。
    底板を作り、センターにφ3の穴を明ける、付属品2枚
    を上下に木ネジで止める。
    レールを半割にφ210曲げて釘止め。+、−通線する
    φ3パイプを通して、転車台を入れセンターをだし、
    4カ所長い木ネジで止める。
仕上げ:転車台が軽く回転、レールを付け高さ等を調整する。
    フチにコーキングして、ペーパー仕上げ、塗装、
駆動装置:ホビー店で、3V用駆動装置キットを見つけた。
     付属六角棒で 転車台にナット止め、伝達。
     12Vをボリュームで3Vにして前転、後転、
     低速、高速、出力が小さいので微調整が必要だった。
     電動で動くだけで、良しとしている。
[PR]
by damataka | 2008-04-28 13:22 | レイアウト_自宅固定

ヤードの機関車たち

b0135282_1542212.jpg

  ヤードと本線に勢揃い、
     一緒に写ることが少ないので表情がカタイ。
形 式:B形、Cタンク、C形、D形、プラ製、フリー、
     いろいろです。
サイズ:張り出し部分 行き750×巾1600
付 属:ターンテーブル、機関庫、
     照明灯、信号器、電柱、ポイント切換え器、
[PR]
by damataka | 2008-04-27 10:36 | 機関車_自作

ホーム (2)

b0135282_11532739.jpg

 ミニホーム 無人駅
材 質:ホビー木材 バルサ つま楊子 厚紙
サイズ:小型気動車2台分
付 属:駅舎(無人) 案内板 外灯 踏切 信号機
位 置:張り出し部分の反対側、内廻りの支線に設置
作り方:ホーム 2×30 2×2 3×3 手すりは1mmバルサ
    駅 舎 つま楊子 1mmバルサ 丸太小屋タイプ
        鋭角な屋根、小さな建物、バランスを取る
        ため、白ボールで試作してから作った。
    案内板 つま楊子 05白ボール
環 境:ローカルでこれからハイキングにでもと降り立ち、
    案内板を見て踏切を渡ると,白樺並木の散策路、
    歩きたくなる雰囲気にまとめて見ました。
塗 装:色あいがきまらない。
[PR]
by damataka | 2008-04-26 07:57 | ストラクチャ/シーナリ

駅 舎

b0135282_7195549.jpg

材 質:ペーパー製 05t白ボール紙(厚紙)  
サイズ:60×155×60
付 属:室内灯2 ケ 外灯1本
位 置:支線ホームの前
特 徴:屋根は外れ、室内が見れる
    待合室には、カウンターとベンチが有り、事務所は、床張
    りがしてある。 夜には灯が付く。
作り方:ペーパー製の基本的な作りです。
留意点:ペーパー製の場合、「ケバが出るので嫌う人が多い」
    これを解消するのにはニスを塗ること、ケガキが終わった
    らすぐに塗る、カットしたらその口に、接着したらその上
    に、但し、ニスそのままだと、ぼてぼてになる、従って
    このニスを2〜3倍に薄めてしみ込ませる感じをつかむ、
    これで強度もでて、プラ板みたいになります。
    ノリはあまり拘らない、このニスで接着効果も出る。
塗 装:建物は茶系の色(エナメル系ハンブロールを手塗り)
    屋根は緑系の色(               )
[PR]
by damataka | 2008-04-25 08:34 | ストラクチャー駅舎

ホーム(1)

b0135282_1619097.jpg

材 質:木材 整形プラバン
サイズ:15×35×430
付 属:駅表示板 外灯2本
作り方:木材を加工して形を作り、角を巾1.5mm程残し、彫刻刀
    で1mm位削り取り、コーキング剤で整形してから、石積
    板を2種類ボンドで貼付けた。
位 置:支線に設置 複線
環 境:手前に駅舎
    後ろ側にポプラ並木を配置
    夜に灯が付く、  (・・陰が情緒を醸しだす)
塗 装:プラ板に会わせグレー (エナメル系を手塗り)
[PR]
by damataka | 2008-04-24 17:02 | ストラクチャ/シーナリ

鉄 橋(2)

b0135282_1553105.jpg

材 質:ホビー木材 2×30×900 2×2 バルサ2t
    ラワン   14×60×900 

サイズ:14×60×650 64×75×610

位 置 :内線にセット、部屋の中央、着脱式

作り方:下部形式を三日月タイプとした 2×30+2×30=60
    イメージの曲線にカッターでカッテイング、左右を作る。

    上部、線路のセンターをずらし、片側に防護手すり設け、
    手すりは、バルサ1tを2mm巾にカツトして2段に縦棒は
    マッチ軸を差し込む。
    (各部木工ボンドで接着、目玉クリップで挟む)

特 記:着脱式のため、電気の接点を両側にセットした。

塗 装:構造を石積みに変更しようと?? (あとで!! 

   人が見て、「鉄橋がない!!」 

 鉄道には、トンネルと鉄橋がセツトだと思われているフシが有り言われてみると歌にも
 出て来る、その指摘に会わせるべく急遽形式を変え2種作って見ました。
[PR]
by damataka | 2008-04-23 17:00 | ストラクチャー鉄橋

鉄 橋(1)

b0135282_13363994.jpg

材 質:ホビー木材 2×5 3×6  0.5厚紙 1×1

サイズ;50×100×640

位 置;ドアーの前、線路は蝶番を付け、ハネ上げ式にしてある。
    ここに鉄橋をセットした。

作り方;上2×5下3×6横材に割り寸して、2×5カツターで切り欠き、縦材をハメ、
    木工ボンドで接着、強度が出るように左右を作る。

    目玉クリップで挟む上3×6×50で巾を決め、クランプ、重し、等で固定する。
    斜め材を現物合わせで入れ、すべてアングル形に2×5を付けて行く、

    面は巾5行き2+5になる(目玉クリップでつぎつぎ挟んでいく)
    交差部に厚紙を形に合わせ、4スミ程度にリベットを施す。
   (虫ピンをカツトした物、少しだけやったふり

    上部1×1クロスにターンバックル

塗 装:茶の錆び止めをスプレー、(彼方のカラーに!!!)
[PR]
by damataka | 2008-04-23 13:56 | ストラクチャー鉄橋

トンネル

b0135282_72825.jpg

入り口:復線   PEC0  プラ製
出 口:単線
  点検口を上部に設けた都合上、木枠で骨組みし、まわりをコン
  パネ6tで囲みる上部も後でスチロールがトンネル内へこぼれ出
  る事が無い様、仕切り板を大雑把に組み木工ボンドで止め、
  スチロールを貼った。トンネル口部の内側もそれらしく、高さ
  レール +最低100とし、位置は片側の曲線8割「機関車+客車
  6輛が隠れる」と大きく、上部は、いずれ高原牧場などにと、
  イメージしてスペースを取りました。
作り方:作り方、塗装等は、NHK  HOレイアウトより。 
    スチロールは魚箱をエコ
    ここのレールは茶色の錆び止めをスプレーしました。
  (色合いが難しく、枕木も色が会わない感じがする、レールは
    見えるところ、つや消しを施す程度で良いと思います。)
[PR]
by damataka | 2008-04-22 08:36 | レイアウト_自宅固定