カテゴリ:貨車ー洋風トラ( 11 )

洋風トラ を作る、3種類 完 成 しました。

洋風トラを3種類作って来ました、
 −3に扉を付けて、やっと出来上がりました。


b0135282_640219.jpg

b0135282_6481123.jpg

扉を開閉式(観音開き)にする為、パイプで蝶番を作りました。

 蝶番  芯 φ0,5 丸棒  パイプ φ0,7 (3分割)


b0135282_649135.jpg

閂(カンヌキ)をつけました。

 帯材とアングルで、回転部は虫ピンを使用。


b0135282_650472.jpg

カプラー ゲージ で、チエック。

普段通りに組み立てれば合う事になっています、確認の為。


b0135282_6531234.jpg

b0135282_6533665.jpg

洋風トラ 3種を並べて、記念撮影を。

オーストラリアから〜〜 
お土産の雑誌を見て いたずら心で 洋風トラに チャレンジしました

既存車輛とサイズを合わせ、出来るだけ違和感が出ない様にアレンジして、 

 特に、観音開きのタイプを作って見たかったのです!!

ワムから屋根を外した感じ 無該車だから分類は、トラでしょうね ??
[PR]
by damataka | 2009-08-16 07:36 | 貨車ー洋風トラ

洋風トラを作る、扉の準備。

 洋風トラ −3

  下回り 及び 扉を 付ける準備をしました。


b0135282_70798.jpg

下回りを組み付けました。

 軸受け&車輪  軸受けは、自作の固定式です。
 カプラー    ( KD NOー5 )


b0135282_73218.jpg

観音開きの、扉を付けます!!


b0135282_731880.jpg

b0135282_733922.jpg

扉は作って有り、蝶番を付けるだけになっている。

蝶番を、パイプを利用して作ります。

不足していたパイプを補充しました。
[PR]
by damataka | 2009-08-15 07:28 | 貨車ー洋風トラ

洋風トラを作る、車輪組み付け。

 洋風トラ −2の、下回りを決めました。

b0135282_1614530.jpg

b0135282_1621748.jpg

軸受け;片側をハンダ付けしました。

両サイドと真ん中、治具を使用して


b0135282_1635162.jpg

車輪を入れて、反対側もハンダ付け。


b0135282_165241.jpg

b0135282_1651878.jpg

カプラーを、組み付ける。

K D カプラー  N 0 ー 5


b0135282_166298.jpg

洋風トラ −2が; 出来ました。
 
トビラを外した状態です。


b0135282_16102084.jpg

b0135282_1610379.jpg

洋風トラ −1、−2、を、 B 形 機関車で。
[PR]
by damataka | 2009-08-14 16:17 | 貨車ー洋風トラ

洋風のトラ 仕上げ。

製作途中で休止していた、洋風トラ 2種を、仕上げます。


b0135282_744428.jpg

b0135282_751090.jpg

洋風トラ 
 −1  完了
 −2  上回り完了、下回り(車輪)を付ける。
 −3  形は出来ていますが、扉と車輪を付ける。
     バッファは後回しにします。


b0135282_752989.jpg

カプラー座を、ハンダ付けしました。

1t×8×12 を 糸鋸で切り出し ハンダ付け、付けてからネジを切りました。


b0135282_754840.jpg

軸受けを組み、取り付け準備をする。
[PR]
by damataka | 2009-08-13 07:29 | 貨車ー洋風トラ

洋風のトラ−3を作る。観音開きのドアー

洋風のトラ−3の、ドアーを、観音開きにする。


b0135282_5345240.jpg

ドアーを、単独で2輛分4組、作ります。

サイズ : 10 × 21 × 2 ー 1組

付 属 : 蝶番、閂


b0135282_5351334.jpg

ドアーを、仮り置きした状態。

φ0,8のパイプを蝶番とし、開閉タイプにします。


b0135282_5353364.jpg

洋風トラ−2の、スライド式ドアーは、こんな感じです。

 〃  ー2、−3 は、高さと、ドアーの形式を違えて見ました。
[PR]
by damataka | 2009-04-04 07:33 | 貨車ー洋風トラ

洋風トラ−2を作る、箱組み

洋風トラ−2とトラー3を、箱組しました。

b0135282_7355813.jpg

b0135282_7355155.jpg

洋風トラ−2です。 

 特徴 = 扉が,横開きの構造です。

国鉄ワムの、スライド式を採用し、和、洋の合体にしてみました。

スライド・レール及び縦梁に、0,8×1,5 の、アングルを使用して、
上梁と妻板梁は、0,8×0,8 の、角棒です。

 最初に開口部を切り欠いて失敗しました。(開いて下側に曲がった)

2mm 残して、作り直しをしました。(最後に切り取りする)
補強に1,0×1,0の、角棒を内側に付けてあります。

扉の作りは、チョット遊んでみました、1枚物の方が良いかも?


b0135282_7153091.jpg

b0135282_7145853.jpg

洋風トラ−3です。 

 特徴 = 扉を、観音開き(ドアー式)に、する予定。

補強縦梁、横梁は、0.8×0,8 の、角棒、中心部のドアー支えは1,0×1,0
にしてあります。(0,8の角棒が不足したことも有って)

開口部の上梁は、このままとします。

床板まで付けてから、別途に作ったドアーを取り付けます。


b0135282_7163752.jpg

b0135282_7165288.jpg

b0135282_7172097.jpg

b0135282_7174833.jpg

b0135282_721223.jpg

補強梁が出っ張っているので、ライナーを挟む。

2種類同時に、箱組を行う。

箱組した状態です。


b0135282_7231624.jpg

b0135282_7233792.jpg

床板を付けてから、開口部の上部を切り取りました。

 扉を開くと こんな感じになります。

洋風トラ−2の上部が、出来上がりました。
[PR]
by damataka | 2009-04-02 08:27 | 貨車ー洋風トラ

洋風のトラ−2を作る。材料取り

次に作る、洋風トラ−2 −3の材料をまとめて切り出す。


b0135282_11223948.jpg

前回、洋風トラ−1を作った材料の残り、約半分有る。

足らないと思い、1枚買って来ました。(本当は3枚)


b0135282_1127328.jpg

何時も通りマジックを塗りケガキが良く見える様にする。

ゆっくりとケガキにそって、金切りハサミで切断します。(0,5tまで切ります

メクレを取るため、定盤の上でプラ・ハンマーで叩き均す。

仕上げは手に持ち大きめのヤスリで擦り、寸法に仕上げます。

直角もスコヤで見ながら、キチット出します。

寸法は1組づつ合う様に調整、あまり拘らない。(極端に言えば2輛異なる

サイズ −2: 0,4t×19×86  28×23
    ー3:   ×24×86  28×28

寸法取り大変そうに思われるが、1つケガキ、切り出し、切った面をヤスリ
で大筋仕上げ。 

 2つ目をケガキ、切り出し、この工程を繰り返す。

片面大筋仕上がっているので、ケガキの巾程度の誤差で済みます。
平行を確認する為に、ノギスで計って寸法に仕上げます。( この方法は、手早いです

普通の貨車は長さ90mm以内で、2輛分 ハサミで切つてもそんなに手間ではない。
20M 級の客車等、長い物を台数作る時は、切断機(シャーリング)を持つている友人が
居るので、機械を借りまとめて屋根材まで切らせて貰います。


b0135282_11525262.jpg

ペーパーで、マジックを落。 

下仕上げをします。


b0135282_1157733.jpg

b0135282_11572756.jpg

補強材:1,0×1,0の角棒を、開口部の内側に付けました。

開口部の面と合わせて仕上げました。


b0135282_11575186.jpg

b0135282_11581178.jpg

扉をスライド式にするので、スライド・バーを取り付ける。

アングル 0,8×1,5 半端材で間に合わす (模型屋さんに在庫無し)

アングルを切るのは難しい、薄くて糸鋸では切れない。ニッパで両側に切れ
目を入れて折り、ヤットコでなおし、切った角をヤスリで仕上げている。


b0135282_1205752.jpg

補強、スライドバーを取り付けた状態です。

扉は、両 開き で考えていましたが、強度が出なさそうなので!!

洋風なら、上側引っ掛けの、コロ式だと思うが、作る自信が無い。
国鉄ワムの、スライド方式を採用して「 片開きの、開 閉 タイプとします 」

後は、どの様に アクセントを付けようか 思 案 中 ? ?
[PR]
by damataka | 2009-03-18 12:38 | 貨車ー洋風トラ

洋風トラ−1を作る、完 成

b0135282_6551534.jpg

b0135282_6565450.jpg

洋風トラー1、出来上がりました。

箱組した物に、床板0,4tを付け、下廻りをセットして完成です。

何時も通り、軸受け、車輪、カプラー(NO,5) 手持ちのセット品。

洋風をアピールする為、バッファーなる物、後で、まとめて付ける事にしよう。
(カプラーの両サイドに付いている ショックアブソーバー or バンパーみたいな突起物)


b0135282_6572042.jpg

以前に、ドリルレース(ボール盤で作る)で、試作したものです。

面が、平 又は アール付き、色々ケースバイ・ケースかと思っていたら
アドバイスがあって、左 右 で違うと言う指導をうけました。

6輛分、作る時に実行します。

尚、カプラーが 異なるので、寸法は短くなりそう。( R = 450でチエックする


b0135282_6562641.jpg

b0135282_658060.jpg

前作の、木造タイプ「トラ」と一緒に、並べてみました。

移入(混入)させても、違和感が無いと思いますが!! 

どう見ても 箱形の「トラ」にしか見えませんねーー

バッファーを付けると、また、違って、洋風な感じになるかも??

問題なのは、−2 −3 です。 
背を高くして扉を付けるやつ、馴染みが薄いので、受け入れられるか? 
手加減をして作って見よう〜〜


「 ついでに一言 」
この貨車を長くしてボギーにすれば、アメリカ車両でも通用しそうですね
下廻りが、あればの話しですが。


b0135282_1042856.jpg

b0135282_1055584.jpg

ー おまけ ー

機関車より、イギリスの電気機関車の方が似合いそうだと言われ!!

電気機関車は、内外問わず1台も無いので自作のディーゼル車に連結させて見ました。
[PR]
by damataka | 2009-03-14 07:57 | 貨車ー洋風トラ

洋風トラ−1を作る、箱組み



b0135282_7254451.jpg

洋風トラー1の、上廻りを組立ます。

妻板の、下側に、φ2の穴を明ける。(突起取り付け用)

側板の、左端に、手摺ハシゴを取り付けました。

    横梁を、長めに付ける (妻板の梁を考慮して)


b0135282_7272433.jpg

妻板と、側板を、ハンダ付けして、箱形に組み上げます。

治具を使って、下側にライナーを架って。


b0135282_7262989.jpg

b0135282_728236.jpg

組み上がりを、右から、左から 見た状態です。

縦、横の、補強梁を少し強調しただけで、単純なスタイルです。

*側板は、固定式を採用、チョット高さが気になり、ハシゴを付けました。
 φ0,5 丸棒より

*妻板に、洋風をアピールする為、ショックアブソーバー、バンパーみたいな、
 良く見掛ける、突起を付ける事にしました。(見本が有るので作る事にします

あまり単純すぎるので、アクセントを付けて見たくなった。


 ー 上廻りの、完成です ー
[PR]
by damataka | 2009-03-12 07:55 | 貨車ー洋風トラ

洋風トラ−1を作る、材料取り

洋風のトラ(無蓋車タイプ)を何種類か、独自に作ろうと考えています。

先ずは手始めに、箱形で中高を採用して補強梁を強調して見よう。

(仮称)洋風トラ−1、2輛分の材料取りを行い部分組み立てを行う。


b0135282_637161.jpg

0,4t×180×200 真鍮平板にマジックを塗り、

ケガキ、金切りハサミで切り出し、プラ・ハンマーでメクレをタタキ、平に。

大きめのヤスリで寸法に仕上げる。(直角も出す

 ー何時も通りの作業ですー


b0135282_6372758.jpg

寸 法: 妻板0,4t×28×19  側板0,4t×86×15

ペーパーで、マジックを落し、面を仕上げる。
裏側は、長て方向に、表側は、縦方向に、仕上がりを考慮して行います。

補強材:0,8×0,8 角材より、少し長めに ニッパで切り出す。

 妻板、側板の、材料が揃いました。

補強の梁を強調すると、
全体が大きく感じて見えそうなので、気持ち小さめに寸法取りをしました。


b0135282_6375297.jpg

b0135282_6382249.jpg

妻板に、補強梁をハンダ付け。

縦梁を付けて仕上げてから、上部の横梁を取り付けました。

上部の横梁、側板の厚みを考慮するのを忘れた、四隅0,4mm隙間が開いてしまう、
ハンダを盛って誤摩化そう??


b0135282_6384643.jpg

b0135282_639322.jpg

b0135282_6392525.jpg

側板に補強梁をハンダ付け。

縦梁7本をセンターから順に取り付けます。

1本目をセンターに仮り付けして直角を確認、本付けします。
付いているハンダを除去してから、次の作業に。

2本目からは 巾治具(アルミ1t、巾=10)を作り、等間隔になる様に注意して行いました。


b0135282_641089.jpg

側板に縦梁を7本付けた状態です。

洗って乾かすとハンダが浮いた様に見えて来ます、慌てずに仕上げ直しを行ってから〜
上部の横梁を取り付けます。


ー 箱形で、補強梁を強調したスタイルに、仕上げる予定 ー
[PR]
by damataka | 2009-03-10 07:45 | 貨車ー洋風トラ