「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:電車ー山手線( 2 )

ペーパー製 山手線 103系−2  

b0135282_16344423.jpg

b0135282_1635994.jpg

b0135282_16355750.jpg

b0135282_16362168.jpg

ペーパー製103系の型紙です。
  
103系の型紙です、山手線を作ってから暫くして増備計画が持ち上がり、その時に、
ケガキ、切り抜きを行った物。

設計図は見当たりません、模型誌から寸法取りをしたと思う。

計画では、山手線  4輛を6輛に、  若草色
  他に、京浜東北線   6輛    青 色
     中央線     6輛  オレンジ色
     総武線(千葉線)6輛    黄 色
 
「あったらいいな」と思いガンバリかけたが、結果は途中で挫折しました。  
気持と現実は必ずしも一致しない。

何時かは実現したいと夢を持っていたが103系も終焉、すべて様変わりしてしまいました。

作り方:昔のペーパー製作の基本的なやり方、参考になればと。
0.5t 白ボール紙に、外側を1輛分センターを中心に同時に H 0.3mm 位の細いエンピツで
3角定規を使いケガク内側の分も別に同じ様にケガク。(余白を付けて置く
(今は、キャドでプリントと言う手が!

薄めニス(サーフェイサー)を表裏、全面に塗る。
(ボテ付かないで、しみ込む感じ、薄くてもだめ。

いさみや製の紙は、この作業を不要と言っている。

カッターで切り抜く、金属の定規を使い長て方向より、長て方向を終えて横方向、
余白、最後にセンターを切断する。(カッターの刃の向きがあり、間違えると返りが出る。

妻板も同じ様に、1輛、2輛分まとめて行うように。
(出来るだけ、長てにとれば曲がりが少なくてすむ。

白ボール、カッター、マット、ノリ、  「YENショップ」

薄めニス(サーフェイサー)を切り口に塗る。切り残し部分は特に塗り、乾いてから仕上げを
する。間違って切り落としたとこも、これで助ける。
     
内側も同じ様に作業するが、どんなに正確に行っても合わない?
1ブロックごとに合わせ、切断する。(ハサミで行わないこと
2枚合わせになる、妻板部分も除去しておく。

ノリ付けする、(普通のノリ、薄く延びる感じの物)目玉クリップで数カ所挟む、
ついた頃を見計って反らない様に、平な所に置き、重しをする。 
固まったら 薄めニスを接続口に。ノリの効果。 
(チョコチョコ塗るので刷毛で、台所の換気扇の下で!
     
プラ板みたいになります。
切り込み過ぎ、キズ、ボテニスを盛る、パテもいい、ペーパーで仕上げする。
     
屋根板、床板は、市販品を使って仕上げた方が安全。
後は組み立て、雨樋い、ステップ、これらにも、薄めニスを丈夫になる。

塗装まえに木部は目つぶし仕上げ、ペーパー掛けをまてに行ううすめに塗装下塗りをして
見るとわかります。塗料は、1色ー105、ー 5〜6色は必要になる。

 ー好きな色に、すきに塗装して、自分の車輛をー

  
[PR]
by damataka | 2008-06-12 19:02 | 電車ー山手線

ペーパー製 山手線103系 ー1

b0135282_5294251.jpg

b0135282_5302488.jpg

b0135282_531480.jpg

b0135282_5315756.jpg

b0135282_5323258.jpg

 今では、懐かしい
   オール ペーパー製, 山手線 103 系 非冷房車
                三丁目の夕日 世代の電車

 昔に作ったもので、子供達と一緒に遊び、クタビレてしまった。
 原型を留めているので、愛着も有り、勇壮を復活させる為に
 パーツを外し補修しようと思っていますが!!!。
 ペーパー製作の題材で、恥ずかしながら引っ張りだしてきました

  作る時の逸話が有ります、ある日ホームの先端部で入って来る
 電車の顔(フェース)を目に焼き付ける為じっと見ていました。
 ふと気付き、後ろを振り返ると駅員さんがすぐ後ろに立っていた
 キット思い詰めた顔にみられ、危なく感じたのですね??。
 この頃は、鉄チャンと思われたく無く、写真を取りませんでした
 
  見ていると、1つ目、2つ目、冷房有り、無し、といろいろな
 形体が混ざつしていて迷いました。 作り易そうな1つ目タイプ
 を選び、 結果は非冷房車だったのです。

  最小編成は 4タイプ 作れば良いことが解り、
   クモハ + サハ + モハ + クハ 4輛編成に決めました。
     ク ー 先頭車
     モ ー 駆動車  パンタグラフが付いている
     サ ー 中間車     ”      無い
     ハ ー 3等車
   ( ロ ー 2等車 )
   ( イ ー 1等車 )

 連休に一歩も外へ出ないで一生懸命、作った思い出が有ります。
 ボデー、屋根ともに 0.5t 白ボール紙で、窓枠はアルミ色を先に
 塗って、2枚貼り、前面の金具はホッチキスより、床板は3tの
 木板、駆動装置は、インサイドギヤー、竪型モーター方式です。
 その他のパーツも紛失しないで残っている。

 鉄道模型専用の塗料はラッカー系で、手塗りは難しい、失敗して
 から使はなくなった。 また、ペーパーに塗ると、時間が経って
 ひび割れがおきる。 もっぱら、エナメル系(ハンブロール今は
 無い、店に在庫程度)を愛用し相変わらず手塗りです。
 コンプレッーサー式を持ってはいるが、ーーーーー面倒くさい。
   薄めニス = ラッカーニスを2〜3倍に薄めたもの。
          サーフェイサー
   ボテニス = ラッカーニスにベビーパウダーを適量混ぜて
          キズ、補修等に。
          今は・・・・・・と言う

 刷毛はホビー店の、入門用3本セットを使っている、毛が抜けな
 い様に、ニッパで軽くつまんで余分な毛を取ってから。
[PR]
by damataka | 2008-06-11 06:37 | 電車ー山手線