カテゴリ:電子工作_操作盤( 16 )

パワーパックの、ポリスイッチを交換。

b0135282_18544532.jpg


ポリスイッチを交換する。

  上側  PTF  0,65 A
  下側   〃  1,3 A

  大きさが、こんなに違います。


b0135282_1855891.jpg


パワーパック 2台 完成。

 右側 PWM  です。         (AC アダプター 使用

 左側 トランジスタ タイプ です。 (トランス内蔵

    機能を3台分、同じ条件で有しています。

    ボリュームの、ツマミを1個づつ 違う物にして、遊んでいます。


ちだ さん、沖縄 さん、無事解決したみたいです、 (お騒がせしました
 これで、モーターの慣らし運転をして見ました、ポリスイッチは、作動しません。
 ホット 胸を撫で下ろしています、 感触は、良い見たいです。
 ちょっと考えれば、解る事ですよねーー これで、大丈夫だと思います。


[追記]
ヤマハから、デイスプレイ・レイアウトを、下げて来ました。
お正月のイベントに出展するためです、作品は 29 日の 午後には搬入する事に成っている。

少し、手を加えなければ成らない。

 1、踏切・警報機の、「音」

 2、ポイント・マシーンの動作調整。

 3、車輛のカプラーを点検する。

 * 操作盤は、前述の通り調整完了。

このレイアウトも、車輛が自由に入れ換え出来れように設計してあります。
アン・カプラーの上で、 K D カプラーが、外れ、自在に並び替えが出来ます。

 = 来場者 フリー参加で、操作を 楽しんで貰う =

貨車の入れ換えと、同じ様に車輛を限定して、整備して、置かなければ成らない。
車輛は、自作の「タンク車」にしようと 思っています。

場合いによっては、レイアウト 2面で 行なう。(待ち時間を減らす為)



ー余談ですがー

トランペット が かなり 上手に なりましたよーー

昨日が年の最終日でした、年末恒例の 第九 を、吹きました。
メロディ〜〜 が、いまいちで 修正を受けましたが、[音は合格点]
  ラ ラ シ ド ド シ ラ 〜 〜
1年前とは雲泥の差で、 高い音を 無理なく 息切れしないで 吹けました。

月謝を払って、習う!! 時間がもったいないから、予習復習してから行く??
トランペットは、長時間の練習に 唇 が、堪えないんです。
小刻みに練習して、唇の筋肉を鍛える(別の方法も有る様です??)事が大事。

3日もサボると、元に戻ってしまう。 日頃の鍛錬なくしては、成り立たないそうです。

石の上にも3年と、言うことわざあるので、それまでは、ガンバってみよう〜〜

案外、練習に時間が取られるんですよー 他の事に夢中になるとつい疎かに!!

blog と、一緒に初めて、我ながら長続きしていることに、驚いています。 (年の瀬に
[PR]
by damataka | 2009-12-26 19:19 | 電子工作_操作盤

作った操作盤の、スピードに付いて。

教本より、トランジスタ式、スイッチング・レギュレータ式(PWM)  
2種類の、操作盤を作りました。

 今、スピードについて物議を。

「 ダマタカさんが言う、スピードが速いとは、何を指針に言っているのか 」

KATO の、スタンダード S です。
この商品は、安くて、容量は 1 A 程度ですが、H O ゲージでも遜色無く、
ゆっくりした、初速から〜〜スピードが U P してくれます。
中間から最大の方は、チョット速い様な感じがしますが、
あまり贅沢は言えないでしょう。 なんせ、安い物です。

b0135282_2132363.jpg

b0135282_2134572.jpg

b0135282_214280.jpg

b0135282_2141740.jpg

b0135282_2143370.jpg

b0135282_214485.jpg


メーカーさんに、叱られるかもしれませんが、特許品では無いですよね、
電子工作の発展の為と、ご容赦下さい。

内部は、たったこれだけの部品で、成り立っています。
大きい物は、リセットボタンと、電源ランプ、放熱板が付いていますね??

アダプターは、A C 100 V → A C 12 V です。A C → D C の整流器が判別出来ない??

  だから、ダマタカが見ても、参考にも、なら無いんですよ〜〜

この操作盤で、貨車の入れ換えをやっています。
  アンカプラーの上をゆっくりと通過させて、K D カプラーが、外れてくれます。

 教本の、トランジスタ式では、スピードが速過ぎてアンカプラーの処で
 止める事が難しい〜〜です。 (可変ボリューム 2 個、足して何とか成ったかな)

 PWMで、やっと 同じ位の、スピード で しょうか。

 たいして、複雑な電子部品は使われていない様に思うんですけど。
 ボリューム付いていませんよねーー
 むしろ、今、作っている方が〜〜 好い物を、使っているハズです。
 だから、サイリスタ運転みたいな、超スローを、期待したんです。

 確かに、前段で電圧を下げれば、超スローには成りますよね、
 まだ、牽引をさせていないので、その力量が解りませんが。

 アン・カプラーの 上を ゆっくりと 通過させたい だけです。


[追記]
直接指導うを受けている、お店「梅澤無線電機(株)の山下さん」に、言われました。
電子工作の初心者が、教本を見て、同じ様に、作り始める事でしょうーー

ダマタカさんみたいに、初心者がつまずくところ、間違える事は、誰しも一緒です。
blog を書いているのなら、良い事ばかしでなく、その、失敗談も書きなさい〜〜

勝手が違って、ハンダ付けも出来ませんでした、すべてにおいて無知でした。
ハンダこて 30w とハンダ受け台、ハンダ、ニッパを買って電子工作にチャレンジ
恥も外聞も無く、実行有るのみ、やらなきゃー 失敗もないし、覚えもしない。

馴れれば、ハンダ付けが面白い、パズルをしている様で、時間の過ぎるを忘れてしまう、
何度も、やり直しをしている内に、自然と身に付きます。

年末の挨拶回りに、仕事先へ、作品を持って行き、皆に自慢して来ました。
「暇だから、こんな事をしています、こんな物を、作る暇が無い位、仕事を下さい」
ボケないから良いね〜〜 商売替えした方が早そうーー 趣味が有るから良いよーー

初めてする事はどれも一緒、電子工作に限った事では無い、
電気屋さんでも、基板を組め無い人、多いいよーーて、励まされました。(商売 商売

部品が揃い、指導してくれる人を見つけたら、明日からでも電子工作の道へ、
 失敗を 恐れずに、前え〜〜 進めーー
[PR]
by damataka | 2009-12-25 21:54 | 電子工作_操作盤

操作盤の、ポリスイッチの選定。

今、教本から作った2種類の操作盤のポリスイッチに関して物議を。
ポリスイッチ : 自己復帰形のヒューズ、(過電流防止器)

設計では、その値が「 0,65 A 」と、記載されています。
人により、この値の、解釈が異ってしまうらしい。
1、0,65 A で、作動させると、読むか、
2、0,65 A が、通常流れる電流と、読み取れば、
  この場合、倍で作動するので 「1,3 A 」と、成るそうです。

* 0,65 A か、1,3 A か、「選定」に大きな違いが出て来ます。

この数字の「 値を 」どの様に解釈するか、ルールが有ると思うんですが??

トラブルの原因は、
 ダマタカ側が、この値を、「 作動する値 」と解釈した事に有る様ですねーー
 (根元の、ヒューズ 0,3 A から勘案して)

 O,65 A で選定した物を、1,3 A に置き換えれば、解消する訳です。

 良く考えれば解りそうな事ですよねーー
 素人の浅はかさ、もろに出たみたい、1 A 程度は考慮して置かなければいけないでしょう。
 許せる限り、大きい数字にして置けば、ポリスイッチは作動しない、当然な事ですね。
 でも、失敗したからこそ、学び、言えるんです。 


昔の、棒形モーターで運転する場合は、意外と電気容量が必要な様で,
この値「 1,3 A 」でも、ポリスイッチが、作動する事が有る様です。( 念の為 )


この様な事から、故障表示ランプは、必ず設けた方が良いと思う。
 この、ポリスイッチは、リセットが不要なタイプです、
 一度、スイッチを切って原因を取り除けば、自己復帰してくれます。
[PR]
by damataka | 2009-12-25 08:40 | 電子工作_操作盤

パワーパック、今、昔。

b0135282_9451072.jpg

b0135282_9453293.jpg

b0135282_9455423.jpg

b0135282_9461333.jpg


固定レイアウトで、使用しているパワーパックです。

1、エンドウ EP-50   25,000,-
  スイッチー2個あるので、2本の線路で、運転が出来るのかと思ったら駄目でした。

2、カトウ NO22-012  4,300,-
  BOXは、道具箱にアルミ板を取り付け、トランスをセットして、カトウ製を組み込み
  スイッチを沢山設け、(引き込み線、ターンテーブル、機関庫)
  また、電灯スイッチも設けて有ります。

3、組み込んだ、カトウの物です。

4、単独で、サウンド装置も有ります。


* 機関庫から出た機関車が、ターンテーブルに乗り、1回転してヤードから → 本線へ
  本線をサウンドを響かせ、汽笛を鳴らし、周回して元に戻る。
  こんな事が DC or、DCC いずれかで、運転出来たら、楽しいのでは無いでしょうか!!
  アナログ運転は出来ますが、
  将来を見据えて、「電子工作の道に」 チョット、立ち寄ってみました。



b0135282_9475471.jpg


貨車の入れ換えレイアウト、専用のパワーパック。

1、カトウ製を、そのままベースに組み込みました。

2、天賞堂の。サウンド装置も、同じ様に組み込みました。

3、2本の線路を、スイッチ切換えで、操作しています。
  予備に、電灯等にスイッチを設けています。


* KD カプラーの機能を最大限発揮させた、コンパクトなレイアウトです。
  おまけで、サウンド、汽笛も聞ける。  個人で、操作して楽しめます。
  貨車 10 輛の入れ換えをタイム競争出来る様に、ストップウオッチも用意済み。



b0135282_9463725.jpg


以前に使用していた、パワーパックです。

1、BOX , スライダック、板状の整流板、ゴツイ正逆スイッチ等々。
  ポイント操作も、ペン タッチ式でした。

2、右手前に、サイリスタのコンデンサー&スイッチが、バラシタ状態のまんま。

  時代が変わって、いまや デッド品、組む事は無いでしょうーー


b0135282_9465673.jpg


今回作った、パワーパック。

1、ディスプレーイ専用のパワーパック。 コンパクトに機能をまとめました。

* 一般の方が、レイアウトを見て 操作して、楽しめる様に〜〜
  パワーパックをコンパクトに設計して、自作しました。( 記念すべき、処女作品 )

  踏切警報機の、ランプが点滅、カ〜ン カ〜ン 鳴る音も聞けます。
  サウンドも汽笛も!! 
  車輛の入れ換え、切り放し、連結も自在。
  欲張ったレイアウトです。(普通は、触らせてくれないとよーー)

2、PWM パワーパック。 スロー運転が出来ます。
  昔のサイリスタ運転をイメージして、新しい考え方&新しい部品で組んで見ました。
  互換性を考え、何れにも組み込み、組み替えが可能な様にしてあります。


 ー 現在目的に合わせ使用している、パワーパック(操作盤)を、並べて見ました ー
[PR]
by damataka | 2009-12-10 10:32 | 電子工作_操作盤

パワーパック、スロー運転が可能になった。

b0135282_1539029.jpg


ボリュームの前後に、基板ボリュームを付け足しました。

 1、左側は、本線用です。
 2、右側は、支線用です。
 3、もう1つの系統は、ポイントマシーンのラインです。

 基板ボリューム3本足の真ん中と右側を使いました。
 −側のボリュームの調節が、敏感に反応します。

 最終調整は、操作ボリュームの目盛りを30%の位置仮置きして、
  +側のボリュームを左に廻す、10%位戻す感じです。
  −側の  〃   左に廻す、40%  〃    。

 どっちでどう操作するのか、良く解らないんですけど、最高スピードも下がった様に
 思える。

 いずれにしても、「スピードが下がりました」 好い感じで走ります。

 これも、バンザイ(喜びの) バンザイ です。


b0135282_15392375.jpg

b0135282_1539436.jpg


パワーパックの内部、
 配線状況 & 外観です。目盛り板を付けました。

 これだけの配線、しばらくは遠慮します。

 カバーシールは、当分、剥がしません。
  複数の人が触るので、シールしてあった方が良いと思い。

 脱線して、ショートすると、赤ランプが点きます。


  ー これで、電子工作の入門編を、卒業とします ー

追記。
 お世話になった山下さんに、「音」が鳴ったよーー て、早速、TEL報告しました。
 善かったね!! どんな感じの音?? 
 鳴った事に感激して、まだ、調整をしてません。 
  あはーはー だよね!!  カン〜 カン〜 て、いい音 期待しているよーー

 ダマタカさんは、BOX工作の方は良しとしても、電子工作の基礎をもっと勉強しなきゃー
 いつも、面倒見てもらえると思ったら、大違いですよーー
 ついでに、一言、云われました。   ー おわり ー
[PR]
by damataka | 2009-12-05 16:18 | 電子工作_操作盤

パワーパックの、回路の改良。

b0135282_854407.jpg


回路の改良。

 「鉄道模型と電子工作」を、教本にしてトランジスタ式パワーパックを作りました。

 操作してみると、車輛を連結するのに、ちょっと、スピードが速や過ぎる。
 より低速のコントロールが可能な、PWM タイプを新たに作ろうと企画して、
 本を読み返しました。
 
 別の項に、トランジスタ式で、動きに不満の有る方は!!
  VR1(ボリューム)の +側、−側に、それぞれに抵抗を 〜〜 て、書いて有りました。
  2-3 P=58  2-4-4 P=75 「偶然に」見つけました。

 抵抗を付けるだけで、解決(スピードコントロールが滑らか)出来るなら、試して見ます。

 著者もスピードのコントロールに、あまり自信がない様子ですね??
 電圧に合った、抵抗を色々試して「自分で決めろ」て、
 取って付けた様に、書いて有ります。


追記、
 素人が、色々な「抵抗」を付け替えて見るなんて、先ず、無理ですよーー!!

 お店に行き相談しました: 基板ボリューム抵抗にしなさい。
 これ、3本足ですよね : 真ん中と片側1本の足を利用する。(テスターでチエック)
 実運転で決めなさい  : 半固定式でボリューム調整が出来る。
              基盤ボリューム 10 K 103 青色 3本足
              2系列分×2=4個、買いました。
[PR]
by damataka | 2009-12-04 09:31 | 電子工作_操作盤

パワーパック、ボリュームに付いて。

 
 『 助け舟 oomori さんに、お返事します 』


b0135282_20233099.jpg

b0135282_20234881.jpg

b0135282_2024478.jpg


ボリュームは交換しました。

ボリューム: B 103 10K

本線、赤いスイッチ、ボリュームのツマミは前側の小さい方です。

動画を撮れないので、段階的に3枚写しました、何となく幅が少ないでしょーー。
( レンジが狭い )

部品を交換して(2個パンク)、ボリュームの変化が表れました!!。

だから,FETー2個 大丈夫見たいです。

*ポイントマシーン用のボリュームがセーフで、FETがアウトでした。

 テスターで、当たれば良かったんですが!!  12v の球です。


b0135282_20322717.jpg

b0135282_20325046.jpg

b0135282_20331120.jpg


照明灯。 DC 12 V → ボリューム 1 K 配線 白、赤

同じ様に、3段階 右側のツマミ。 やはり幅が狭い。 同じ12vの球。

ボリューム70%以上で、初めて作動します。

細かい事を除いて、大筋 希望どうりです。(1度には無理、少しづつ覚えよーー)


b0135282_20391043.jpg

b0135282_20392560.jpg

b0135282_20395677.jpg


シグナル。(点くけど点滅しない)

昨日まで、赤ランプ1個しか、点かなかった。

今、チエックしたら、赤ー1、青−2 点いた??

いずれにしろ、「 点滅しない 」

考えられる事、手前側の半丸が、上下逆さだった、直しましたが、パンクかも??

部品が少ないし、配線も見直しました、向きを間違えた事しか思い浮かばない??


◉電子工作の、基板を組んだ事は、初めてです。

 恥も外聞も有りません、知らない事は聞いて覚える、聞かぬは一生の損。

 ご判断の程、よろしくお願いします。

 尚、まだ、電子部品屋さんへ、相談に行ってません。
   そろそろ 遠慮しなきゃーー  多少〜〜 迷惑を 気にしています。

   いずれも、パワーパックの性能テストをする為に、専用器具を別途に
   作りました。

   シグナルがクリアー出来たら、次は、アラームのチエックをしなキャーー
   問題が山積み〜〜、まいったー、マイッター、前へーー進め。


 ー blog で、こんなやりとりが出来るなんて!! 楽しいな〜〜 ー
[PR]
by damataka | 2009-11-17 21:15 | 電子工作_操作盤

パワーパック、『 完成 』

b0135282_649063.jpg


パワーパックが「 完成 」しました。

 BOX サイズ: 160 × 250 × 85 mm  (トランス内蔵の為に、高さが必要です)

 機能させる器具をBOX に収納して、その機能が発揮出来る様に調整しました。

 内部の配線状態です、かなり配線が込み入っています。


b0135282_754639.jpg


メインとなる、スイッチ類。
 
 本線、支線用に、   コントローラー、スイッチ ー 2

 ポイントマシーン用に          〃   ー 3

 踏切警報機&イルミネーション      〃   ー 2

 照明灯、外灯&予備           〃   ー 3

 レイアウトとの接続は、ピンタイプ&コネクターで行い、着脱式にしました。


b0135282_7152236.jpg

b0135282_7154113.jpg


出口側の電圧を測定する。

 NO,2 NO,5 の出口で、電圧をテスターでチエックしました。

*テスター3台も有るんですが、あまり使用したことがないんです。

 指導で、テスターでチエックしなさいと言はれ、ああそうか??

 各ルートの終点から、順次遡って

 例、 NO,1ルート、 終点に電気が来て無い、途中でも駄目、入り口でも駄目、何で??
    配線を見る限り問題は無い、入り口を再度チエック、ハンダが離れていました。
    テスターは正直だなーーて、思いました。  (笑って下さい


b0135282_7183423.jpg


機能の実テスト。

 線路に、直接継いでテストして見ました。(線路には、まだ配線がされていない)

 スイッチ下向き(後進)で、車輛止めの赤色ランプが点灯しました。


   ー 専用のパワーパックが、完成 しました ー
[PR]
by damataka | 2009-11-14 07:35 | 電子工作_操作盤

パワーパック、機能チエック−1

 ディスプレー用、レイアウトの、専用操作盤(パワーパック)

  パワーパック1台で諸条件満たすには、自分で作るしか無いと心に決め、
 BOX 加工、器具取り付け、基板製作、配線と、一貫してガンバって作って来ました。
 
  教本を参考に、オリジナル性を加味して、運良く基板製作の指導も受けて、
 何とか、形が出来上りました。

  いよいよ「機能テスト」に、入ります。


b0135282_649173.jpg


1回目、見事に失敗しました。

 ヒューズが飛ぶ, (チエックして 0,3A→ 仮に1A 交換)

 今度は、整流器から煙が出ました。
 無理して、配線を変えて、隣りの整流器も同じ様に煙が出て、パンクしました。

 2度、3度と失敗したので、生きている整流器を外してチエックする。

 原因は単純な事でした。

  極相の間違え + 記号を入力側にしていました、出側が + です。
  足の付け替えをしたら、 AC → DC に、変換されました。
  第一関門が クリヤー出来て、小さなバンザイです。(買い直しして、付け替える)

部品の間違えに気ずく。

 1、電源ランプ DC 用 → AC 用に交換する。
 2、スイッチ  3P  → 6 P 〃   。 (ポイントマシーン用ー3個)
 

b0135282_6501932.jpg

b0135282_6504263.jpg

b0135282_651085.jpg

b0135282_6515040.jpg


電源ランプを交換。

 BOX の穴 8 mm → 10mmと、大きくして、AC 用のランプ に交換しました。

 ついでに、トランスの電圧をテスターでチエック。(デジタルでは、見難いので)
   入り: A C 100 V   出 : A C 13 V


b0135282_7243762.jpg

b0135282_7245625.jpg

b0135282_7251571.jpg


照明系の整流器を交換。

 整流器を買い直して、付け替えしました。

 電圧をチエック、 正しく AC → DC に切り替わってくれました。
  1、DC 12V  ライン。 17 V
  2、DC 9 V  ライン。  9 V (基板ボリュームで調整出来ます)

  無負荷の時は、電圧が高く出ても差し支え無い??(電気屋さんの意見)


b0135282_731359.jpg

b0135282_7315080.jpg

b0135282_732981.jpg


スイッチを交換。

 ポイントマシーン用の スイッチ 3P → 6Pに交換しました。
 (買う時に、ツマミを分ける方に注意して、足側を忘れた)

 配線は クロスにして、正、逆、操作が出来る様にします。
 (色付きコード 赤、黒が、不足したので、適当に選択して色分けして付けてます)


   ー 1づつ、チエックして行きます ー
[PR]
by damataka | 2009-11-13 07:41 | 電子工作_操作盤

パワーパック、配線が出来ました。

b0135282_853077.jpg


配線が終了しました。

 コードの、加工用に新たに購入した、ニッパとハンディー・ストリッパー、大活躍です。
 コードは、+ − を、解り易くする為に、色分けしています。
 コードに、ハンダが付き難い。
      下処理として、1本づつフラックスを塗って、ハンダメッキしました。
      相手側にも、同じ下処理を施してから、ハンダ付けしました。


b0135282_854696.jpg


端子台

 左側2系統(4本)は、9 V のラインです。 スイッチを経由して、
  1、センサー、シグナル、チャイム。
  2、イルミネーション

 右側3系統(6本)は、12 V のラインです。スイッチ→ボリュームを経由して、
  1、外灯。
  2、照明灯。
  3、予備。

 接続は、コネクター 4本 &6本タイプ、2つに分けています。


b0135282_86547.jpg


検査器具。

 パワーパックは、レイアウトの機能を盛り込んで作りました。

 BOX に器具を取り付け、配線もして、形として出来上がりました。

 部分的にバラシて、各機能をチエックしていきます。


   ー 形が、完成しました ー
[PR]
by damataka | 2009-11-12 08:44 | 電子工作_操作盤