「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:貨車ー箱形( 17 )

箱形のセキを作る(11) ついでに〜

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

b0135282_743683.jpg

箱形のセキ

C11− F で、箱形のセキ 10輛編成を 牽引する感じに見立てる。


b0135282_755220.jpg

b0135282_761273.jpg

カラー砕石を積む。

前回作った 鉱石運搬車(バケット・タイプ)に、カラー砕石を積み込む。
1、水色
2、黒色


b0135282_7121298.jpg

機関車に石炭を。

C11−F に、石炭を積んだ。 96の テンダーにも積み込む。


b0135282_7142487.jpg

b0135282_7144893.jpg

箱形のトロッコにも カラー砕石を。

鉄鉱石をイメージして、赤茶色の砕石を積む。

ボンド水溶液を作ったので、
 ついでに、各 車両に 石炭や砕石を積み込みました。


b0135282_717344.jpg

ついでの おまけ!! 

奥に見えていた機関車ヤード,機関庫を替えて見ました。(線路はそのまま

左側に見える、D51、C62は、サウンド機能付き。

背景に、写真を貼りたいんですけどーー 何時の事になるやら〜〜??
[PR]
by damataka | 2011-06-11 08:07 | 貨車ー箱形

箱形のセキを作る(10) 完了

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

b0135282_7438100.jpg

カプラーを加工する。

下板の爪(突起)を ニッパで欠き取り、ヤスリで仕上げる、
前後板と、面位置に成る様に調整しています。


b0135282_75015.jpg

カプラー止めネジ。

床板から あまり飛び出さない様に、約 4,5mm に切り出している。
トラス頭と言う、真鍮製で ちょっと 頭のでかいネジを 専用に使用しています。


b0135282_752247.jpg

b0135282_754553.jpg

カプラーを組み付ける。

床板にカプラーを組み付けました 8輛 × 2 16個 チョット手間です。

カプラー KD NO-5 は、友人がアメリカで直接購入したケース無しタイプの物です。
現地で買えば半額、ケースは WG さんに譲って貰った物を使用。


b0135282_761829.jpg

落とし蓋(上げ底)を施す。

上端部より 5mm 下げて、上げ底にしました。ハンダは部分的に付けた。
最終段階なので、食器洗剤を付けて水洗いして、ドライヤーで乾かす。


b0135282_764433.jpg

砕石を積み込む。

鉱石運搬車 = 秩父鉄道等、見た事が無く 良く解らないが?
白色にして「石灰運搬」を、イメージして見ました!!

土地柄 セキ 4000・5000 を持っている人が多い、(1人で 30〜 50 輛ざら
皆、真っ黒 けっけ。 少しは 新鮮に映るかも?

ボンド水溶液法で、固着。


b0135282_771899.jpg

出来上がり。

 2 + 8 = 10輛 出来ました!!


b0135282_775115.jpg

横から見ると!

無蓋車、デッキ付きのトラ ですね??
どうせ〜 作るんだからーー チョット変わったタイプに してみました。


b0135282_781559.jpg

b0135282_783851.jpg

機関車と組み合わせる。

小形の機関車との組み合わせを、遊んで見た。

 気軽に オリジナルの 貨車を作って 走らせて 楽しもう!!
[PR]
by damataka | 2011-06-10 08:07 | 貨車ー箱形

箱形のセキを作る(9)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

b0135282_723077.jpg

仕上げる

軸受け金具の上側に はみ出した軸受け部分を、粗目ヤスリで除去する。
床板の、ハンダも除去して置く。


b0135282_725598.jpg

ネジレを取る。

定盤の上に置いて 軸受けのネジレを見て、直す。


b0135282_741365.jpg

穴を明ける。

軸間 50mm 治具を使用して穴位置を印す。
ボール盤で、深さを固定して(0,4t を挟む)穴を明ける。


b0135282_74496.jpg

b0135282_751153.jpg

軸受けメタルを挿入。

市販品の、軸受メタルを嵌めます。


b0135282_755287.jpg

b0135282_761452.jpg

床板に軸受けを取り付ける。

床板に L 治具を使用して、垂直に両サイドをハンダ止めします。
後で、真ん中にもハンダする。


b0135282_765986.jpg

b0135282_77249.jpg

車輪を入れる。

車輪を挟み込み、軸受けと車輪の直角を見て、L 治具を使用して水平に留意し、
両サイドにハンダする。 後で、真ん中にもハンダする。 (所謂、地獄作りです。

 車輪が付きました!!   (両絶縁車輪、向きを気にしなくて済む。

軸受メタルを使用しているので(幅を調整してやれば)非常に滑らかに転がります。

各、ハンダ工程ごとに 水洗いをしてきましたが、最終的に 食器洗剤を付けて 水洗い
をした。ヘアードライヤーで良く乾燥させ、メタル部に油を1滴 注して置く。
[PR]
by damataka | 2011-06-09 08:07 | 貨車ー箱形

箱形のセキを作る(8)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

b0135282_7141319.jpg

下廻りの準備。
1、車輪
2、軸受け金具  レールを使用しています。
3、軸受け
4、軸受けメタル

5、カプラー


b0135282_7143426.jpg

b0135282_7145532.jpg

軸受け金具。

レールを床板の幅に合わせて、ニッパで切断 約 88mm
軸受けを付ける面(側面)を、ヤスリで平に削る。


b0135282_7151499.jpg

組立の準備。

軸受け金具、軸受けが、揃った。

軸受けは、1輛に4個 × 8 32個 必要です。
軸受け金具のレールは、1輛分 90 × 2 8輛で1本の8割り位 必要になりますね!


b0135282_7153456.jpg

b0135282_7155537.jpg

組み付ける。

位置を印して、軸受け金具に軸受けをハンダ、同じ様に反対側もハンダ。
治具で、軸間50mm を確認しながら行なう。


*次回は、車輪を取り付ける。
[PR]
by damataka | 2011-06-08 08:06 | 貨車ー箱形

箱形のセキを作る(7)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

b0135282_75762.jpg

b0135282_753228.jpg

穴をさらう。

前後板を付けた時に、ハンダでテスリ孔が埋まってしまった所ある。
全体を「さらい直し」て、ついでに面取りを・・・


b0135282_79197.jpg

テスリを作る。

φ0,6 丸棒で、テスリを作る。
約 55mm に ニッパで切り、片側をヤットコで折り曲げて、万力に喰えて金ハンマーで、
軽く叩き、角をシャープにする。


b0135282_7142735.jpg

反対側を折り曲げる。

テスリの幅を決る。
微妙に異なるので、面倒でも 1つづつ 現物合わせにしています。
幅を印して折り曲げ、金ハンマーで叩き、嵌める。


b0135282_715407.jpg

b0135282_716355.jpg

ハンダで固定する。

高さ治具を使用して、手にもって 曲がりに注意して 下側からハンダ。


b0135282_718052.jpg

b0135282_7182197.jpg

テスリを付けた。

中間に2本足して テスリが 完了、これで 形が出来た!!

ブレーキが無いのに、何故か ブレーキハンドル??


*次回は、軸受けを組み立てます。
[PR]
by damataka | 2011-06-07 08:07 | 貨車ー箱形

箱形のセキを作る(6)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

b0135282_7698.jpg

b0135282_763027.jpg

b0135282_765179.jpg

落とし蓋を作る。

鉱石を積み込む為に、上げ底にします。
0,3t より切り出して、箱に収まる様にヤスリで仕上げ、ペーパー掛けまで。
後で、上端部より 5mm 程下がった場所にハンダで固定します、補強も兼ねて。

*軽くする為には、プラ板、木板の方が良いかも知れません。
 積み荷も変えられる様にした方が、楽しさも倍増〜〜
 
 解ってはいるんですが! 何故か、真鍮板 0,3t、( 補強を見越して
 積み荷も、交換式にはしない。         (迷うから?


b0135282_7121466.jpg

b0135282_7123629.jpg

b0135282_712536.jpg

止め板。

上廻りの止め板を 0,8t より糸鋸で1つづつ切り出す。
床板と離脱式に、ネジ止めとします。


b0135282_7154978.jpg

上廻りの付属品。

落とし蓋と止め板が、出来ました。


b0135282_7173271.jpg

止め板を固定する。

止め板を妻板の高さに合わせてハンダする。
妻板は、側板よりも 1mm 上がっている、木板を間に入れて水平にして組む。


b0135282_7175177.jpg

床板と組み合わせて見る。

ねじれ等を修正して 床板と合わせて見る、ついでに落とし蓋も・・・
床板に、かぶる様にしている。

b0135282_7181922.jpg

止めネジを施す。

カプラー 止めネジ & 上廻り止めネジを、一緒に加工する。
ネジも、適当な長さに切り直す。


b0135282_7184278.jpg

組み合わせ 完了。

床板と上廻りを、 M2 ネジで止めました。
1輛 落とし蓋を置いて見ましたが、まだ、固定はしません 最後にします。

*次回は、テスリを付ける。
[PR]
by damataka | 2011-06-06 08:07 | 貨車ー箱形

箱形のセキを作る(5)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

b0135282_737764.jpg

b0135282_7372926.jpg

箱形に組む。

第三の手を借りて、上廻りを箱形に組んで行く。


b0135282_7374452.jpg

組み上がり。

箱形が、出来ました。


b0135282_738346.jpg

床板と合わせて見る。

床板に、かぶる形にしている、形が出来ました。


b0135282_738202.jpg

96と一緒に。

96が2台有る、1台は私の機関車。
もう1台は、珊瑚の同じタイプの物、まだ、ロット関係が組んで無い。
なぜ有るの?? (他聞、キット品を組んだ時に、返すのを忘れた様〜〜 だ??
[PR]
by damataka | 2011-06-04 08:09 | 貨車ー箱形

箱形のセキを作る(4)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

b0135282_7162027.jpg

b0135282_7164191.jpg

妻板の面を仕上げる。

面をペーパーで仕上げる。(材料取りの際、寸法に仕上げてある


b0135282_7173342.jpg

補強板を切り出す。

妻板の補強板は、手持ちの角棒 0,8mm にしました。
所定寸法に、ニッパで切り出す。


b0135282_7182513.jpg

b0135282_7184411.jpg

補強板を取り付ける。

アルミ板で幅 10mm の治具を作り、補強板をハンダでイモ付け。
ヒックリ返して反対側も、左右対称です。


b0135282_7193556.jpg

b0135282_720328.jpg

上廻りが揃った。

8輛分の、側板、妻板に、補強を施しました。
単独の内にした方が やり易いと思って、先に 付けました。

補強板:ちょっと エバッテ 見えるかも〜?
    希望していた、帯材、アングル、角棒が、在庫切れになっちゃったんです。
    手持ちの物で 何とかやりくり、此れ等もついに品切れ!!

*次回は、上廻りを箱組します。
[PR]
by damataka | 2011-06-03 08:07 | 貨車ー箱形

箱形のセキを作る(3)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

b0135282_7174312.jpg

b0135282_7181026.jpg

側板の面を仕上げる。

0,4t より、金切りハサミで切り出し、プラハンマーで叩いて切り口を延ばして、
寸法に仕上げて有る。

側板のコバのメクレを 平ヤスリで慣らして、ペーパー掛けをした。


b0135282_7185294.jpg

b0135282_7192213.jpg

補強板を加工する。

帯材 0,4t × 1,5 を、所定の長さにニッパで切り、片側の隅を折り返す。

1輛の片側6 両側で12 8輛分で 沢山(数が解らなく成る程?) 


b0135282_720169.jpg

b0135282_7202937.jpg

側板に補強板を取り付ける。

側板に補強板を、デザイン(アクセント)的に、6本設けます。
本数はその都度 変えて来た、無いより 有った方が 引き締まった感じがする!!

ケガキ線を入れて、
等間隔に成る様に、曲がらない様に注意して、1本づつ イモ付けした。

キサゲとヤスリでハンダを除去、最後はペーパー掛けをして、仕上がりです。

*次回は、妻板をまとめます。
[PR]
by damataka | 2011-06-02 08:07 | 貨車ー箱形

箱形のセキを作る(2)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

b0135282_7192077.jpg

床板にテスリ孔を明ける。

テスリ取り付け位置をケガキ、φ0,6 の孔をボール盤で明けて置きます。


b0135282_7194153.jpg

カプラー座を用意する。

糸鋸で 1t から切り出す。(カプラー KD NO-5 を、使用)


b0135282_720674.jpg

床板を組み合わせる。

床板に、前後板をハンダし、
    カプラー座もハンダして、 床板の形を決めました。

*次回は、上廻りを形にして行く。
[PR]
by damataka | 2011-06-01 08:07 | 貨車ー箱形