カテゴリ:電子工作_信号機( 4 )

φ3 3V LED に、配線を施す。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

b0135282_716447.jpg

LED ランプに、足をたす。

1、−側、足を約 5 mm で切り落とす。
  ホルマル線 φ0,5 × 100 を、カッターで被覆を剥がして、ハンダメッキして置く。
  先に、−側から付け足して行きました。
     
2、+側、足を約 7 mm で切り落とす。  
  ホルマル線 φ0,5 × 110 を、カッターで被覆を剥がして、ハンダメッキして置く。
  次に、+側を付けました。(足の長さを変えて置く、長い方が +

  ハンダコテは、電子工作用の 30 w を使用しました。
  ハンダの乗りを良くする為、フラックスを塗布しながら〜〜

*パイプの中を通すので、ちょっと硬い線の方が通し易いと思う。
 被覆が確りしているので、無理して擦らなければ、絶縁は大丈夫。


b0135282_717857.jpg

LED ランプ φ3 3V 用 (市販品)

 約 30 個に、配線を施しました。

信号色「緑色、黄色、赤色」を、まとめて作りました。
[PR]
by damataka | 2010-11-07 08:05 | 電子工作_信号機

真鍮工作:3灯式信号機の製作ー完成。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

b0135282_6372827.jpg

ランプを購入しました。

1、LED  緑色 φ3 3V
2、 〃  黄色
3、 〃  赤色
4、 〃  白色

5、抵抗 510 Ω
6, 〃 390 Ω 白色用
7、一方通行(逆流防止)ダイオード ISS 133

LED まとめて 120 個      @ 42,- × 120 個 =
抵 抗   1OO 個 1袋            = 105,-
ダイオード  100 個 1袋            = 1,000,-

*それなりに、費用が掛かります。


b0135282_6495818.jpg

b0135282_6504218.jpg

b0135282_651279.jpg

ランプを加工する。

LED に、延長コードとなるホルマル線(昔のエナメル線 被覆が良くなった)を、付け足す。

1、先に−側から始めました、LED の足を 5 mm 程度に切断して、
  ホルマル線 φ0,5 L=120mm カッターで皮むきして、ハンダメッキして置き、
  付け足しました。

2、次に+側を行なった、LED の足を 7 mm 程度に切断して、
  ホルマル線 L=135 (長さを替えて)カッターで皮むきして、ハンダメッキして置き、
  付け足しました。

3、3 mm 程度の所で、90°に曲げて置く。

4、足の長さを違えておきます。(長い方が + 側


b0135282_78244.jpg

b0135282_784018.jpg

b0135282_785965.jpg

ランプを組み付けて、配線をする。

これは、配線「例」です。実際には信号機を設置してから、ベースの裏側で行ないます。
1、+ 側(足の長い方)に、510 Ω の、抵抗
2、− 側(足の短い方)に、一方通行(逆流防止)ダイオード ISS 133 向きが有る。
3、黄色はダミーです。  (もったいないけど、足を切り捨てちゃいます。
4、緑色、赤色、逆にして1本の線として、線路に直接接続します。
5、1本の線路の左右2カ所に設置して、緑色、赤色、違えて点灯する様に配線する。

LED の電機の流れは一方通行になっているが、常に 正、逆 の、電流が流れる場合は、
トラブル防止の為に、逆流防止のダイオードを設けた方が良いそうです。

尚、照明関係等で、常に「正の流れ」の 場合いには、ダイオードは不要です。


b0135282_7345442.jpg

b0135282_7351488.jpg

3灯式信号機、ランプをセットして、出来上がりました。

 塗装を残して、完了です。

決して、アクセサリーでは、有りません。
オート リターン システム に おいて、信号機の色が 赤 → 緑 に替わると同時に車輛が
走り出します。
もし信号が替わっても車輛が動き出さなければ、「トラブルの発生」が、解る。

但し、PWM 初速電圧が低くて、良く動き出さない事もあります。

尚、 脱線した場合等は、ショートして 信号機が点灯しなくなります。
[PR]
by damataka | 2010-10-29 06:35 | 電子工作_信号機

チップ LED を、購入しました。

b0135282_99250.jpg

他の、blog で チップ LED が有ることを知り、お店で教えて貰いました。

色 は : 赤 緑 青 オレンジ 白 黄色 と、 6色有ります。
値段は : 白色 1個 79,-  10 個 525,-  (試しに、買いました
目的は: 街灯の電球を、麦球 12 V → LED φ2 に、順次交換する。

ボリューム調整で、光量が調節出来るから。

φ 1,6 は、置いていませんでした。

他の、blog 仲間が教えてくれました。
 秋月電子   ttp://akizukidenchi,com/catalog/c/csmdled/ 通販で、安く買える
 そうです。 但し、運賃が掛かります。


b0135282_9175717.jpg

b0135282_9181398.jpg

b0135282_918295.jpg

耐熱コード。

BOX の配線用に、耐熱コード 0,2 mm 7色セットを頻繁に使用する、
赤 黒 白 は、別枠で 1 袋づつ 収縮チューブも、2 M ( M 売り、してくれます)

チップ LED の 接続線(ホルマル線 0,2mm 0,3mm)は、在庫が有ります。
[PR]
by damataka | 2009-12-18 09:30 | 電子工作_信号機

信号機を、LEDにする。

b0135282_6574142.jpg

信号機に、LED を、付けていきます。

3灯式信号機、構内2灯式信号機、車輛止めに、LED を付ける。
L E D φ3 3V 緑色、赤色、黄色の、市販品 3色を使用。


b0135282_6591886.jpg

b0135282_6593487.jpg

3灯式信号機(自作品)

裏カバーを切り取ったり、パイプの穴位置をずらしたり、少し加工しました。
ランプの足を短く切り、ホルマル線(昔の銅線)を継ぎ、パイプの中を通す。

 正 ー 緑
 逆 ー 赤
 注意ー 黄 (ダミー)

前進、後進のスイッチと同調して、正、逆、代わりばんこに、ランプ表示される。
線路から電源を取り、裏側で、基板を介して接続する様にしました。

線路の電源を確認して、表示させる単純な方法です。
1本の線路の左右に設置して、片側が 緑なら、反対側は 赤 と、成るようにする。

教本に、3灯式信号機をLEDにして、感知式で切り替える作り方が出ています、
大きなレイアウトでは、必要な考え方でしょうね。 (難しそうです


b0135282_704265.jpg

b0135282_705637.jpg

b0135282_711296.jpg

基板を加工する。

基板を任意のサイズに切り出し、定電流器(CRD)  と 逆流阻止器(?)を 組み込む。
1枚に、2 セット。

電源は、DCで 0 〜 12V 可変。ノーマルは 6V 位と話ししたら、
抵抗より、定電流が良いんで 〜 〜 ないの!!  ( 許容幅が有るから

常に、正逆切り替わると話しをしたら、
LED は、電流が一方通行のはずだと思っていたんですが??
安全を見て、逆流阻止器を付けた方が良いよーーて、アドバイスを受けた。

基板に組み込み、ベース板の裏側に下駄を履かせて、セットしてます。


b0135282_72449.jpg

構内2灯式信号機(自作品)

1本の線路ごとに、車輛止めと組み合わせした、信号にしています。
線路への通電を、確認表示する目的で設置。
  
 正 = 緑 2灯式信号機が点く(赤、黄、は、ダミーです)
 逆 = 赤 車輛止めが点く。

ポイントを切換えると、表示ランプも一緒に切り替わる訳です、
どの、線路に電気が通っているか? 一目で解る様に考えました。
配線は、パイプを通して裏側で行う。


b0135282_73124.jpg

車輛止め(自作品)

線路に通電(逆)された時「赤色」の停止ランプが点く様にしている。
床板に穴を明けて、裏側で基板に接続させています。

*基板の使い方を覚えたので、実行して見ました。
[PR]
by damataka | 2009-10-31 07:39 | 電子工作_信号機