カテゴリ:電子工作_自動往復運転( 15 )

PWM 操作盤 NO,2 を、改善する。

ヤマハの、ディスプレイに使用している PWM 操作盤 NO,2 です。
(PWM (補助ボリューム付き)+ タイマー回路 付きのタイプ)

色々と改良点が発生したので、PWM 操作盤 NO,3と 交換して来ました。

b0135282_6413693.jpg

スイッチを交換する。
電源スイッチを表面に設置し、直す。
(背面の角形スイッチは、除去しないでダミーとして置きます)

タイマー切り替えスイッチが表面に設けて有るので、解りやすく同じ場所とします。

b0135282_642164.jpg

タイマー調整ボリュームの、− 側を切断する。
停止ラインでの停止時間が、左右異なっていました。(原因は、ここに有ったみたいです

尚、配線は逆にしてあります。

b0135282_6424124.jpg

電源スイッチ経由 → タイマー・切り換えスイッチに。
(パラで、スイッチが入る様になっていました)
メインスイッチを入れてから、タイマースイッチが入る様に配線を見直した。

電源を落とす時、メイン・スイッチ1つを切れば全部切れるように、直しました。

ついでに、FET の止めネジを樹脂製に交換しました。

b0135282_643178.jpg

b0135282_6432131.jpg

BOX の下側、
1、基盤取り付け用の L = 5mm スペーサー
2、ゴム足は、ネジ止めしています。
3、間違えた穴も明いています。

b0135282_6433974.jpg

PWM 操作盤 NO,2を、改善しました。
DC 12 V アダプター タイプです。
付属として、電源DC 12V 2回線用のコネクターを付けて有る。

◉トランス  AC100 V → AC 12 V 2A 用  2,700,-
 アダプター AC100 V → DC 12 V  2A 用   870,-

尚、カトー スタンダード S の、
  アダプターは AC100 V → AC 12 V です、AC 12 V、DC 12 V 間違え無い様に!!
[PR]
by damataka | 2010-10-21 08:02 | 電子工作_自動往復運転

PWM (補助付き)+リレー回路、BOX 完了。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
b0135282_6552190.jpg

b0135282_6553894.jpg

b0135282_6555938.jpg

b0135282_6561735.jpg

PWM (補助ボリューム付き)+ オート リターン システム のリレー回路を、
組み込んだ「 操作盤 」3台目が 出来上がりました。

器具類
1、メイン・スイッチを上側に設置しました
2、電源表示ランプ
3、故障ランプ表示
4、補助ボリューム
5、メイン・ボリューム(目盛り板付き)

6、リレー回路のスイッチ操作で、手動、自動の、切り換え選択が出来ます。
  配線は:メイン・スイッチ経由にしました。
7、自動操作表示ランプ
8、タイム設定、ボリューム (黄色のツマミ)

9、前進、停止、後進の、切り換えスイッチ

10、AC 100 V → DC 12 V 用のアダプターを、使用しました。
11、出口は、ピンタイプで 統一してあります。
12、踏切警報機用の電源コネクター 4口を設けた。

*基盤は、2枚に分けて、組み付けました。
 FET の止めネジ: 樹脂製の物にしています。

◉リレーの片ぎきに付いて。
 ボリュームの3本足の配線を見直ししました。
 赤、白、黒、の内、「黒」を 外して見ました、均等に作動します??
 
 ディスプレイの操作盤を、こいつ(3台目)と 交換してきます。
 2台目を見直しします。
[PR]
by damataka | 2010-10-12 06:53 | 電子工作_自動往復運転

PWM +リレー回路を、BOX に組む。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
b0135282_6372018.jpg

電子工作のおさらいで、

こんなに 色々な物を、基盤に 組んじゃいました。


b0135282_6385428.jpg

b0135282_6391151.jpg

オート リターン システムの停止ライン。

♯100 フレキ・レール 1M を半分に切って、
100mm のところに、自動往復運転の際の停止ラインを決めました。
片側にギャップを切って、一方通行のダイオード(1N4007)を、ハンダ付けする。

 こんな簡単な方法で進行が止まり、逆転の際は通電されて戻って来るんです!!

写真では、補強のためにプラ枕木をゴムボンドで付けて有る。
車輛1輛分 +α て、感じ。

組立レールでも可能でしょう〜 (残念ながら、組立レールを持っていないんです。


b0135282_65751.jpg

b0135282_657328.jpg

b0135282_6575544.jpg

PWM (補助ボリューム付き)コントローラーと、
 オート リターン システム を、 BOX に組み込む、3台目です。

*教本のコントローラーはどれも初速 スピードが速すぎて、今一でした。

blog 友達の沖縄さんに教えて貰った 補助ボリューム付きは、ダブルで電圧調整が出来るので
広い範囲で、任意に「スピードを調節する」事ができます。

ダマタカが、希望していた「ゆっくりと走らせたい」スピードを得れたので、
このタイプの操作盤を、増やします。

アルミの BOX を買って来て、組んだ基盤や器具を取り付けて行く。
[PR]
by damataka | 2010-10-09 08:03 | 電子工作_自動往復運転

電子工作:リレー回路も完了。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
b0135282_640235.jpg

オート リターン システム の、リレー回路。

作動しなくて難渋していましたが、思いつきでダイオードを交換して見ました。

 IN 4007 → ISS133 リレーの カチ カチ と 作動音がしてくれました。

他聞、 IN 4007 だと思っていた部品が違う物だったんでしょう〜〜

容量の大きい物が、紛れ込んでいたかも? 見分けがつきません。
ボリュームの配線も、赤、黒、逆配線して、バッチしです。

こんな簡単な回路なのに 随分といじめられたなー 出来てみれば当たり前の物が!!

1、単独で 2組
  単独タイプは、市販品のコントローラーと組み合わせさせる為に作りました。

2、PWM (補助ボリューム付き)と組み合わせした物 2組
  よりゆっくりと走り、戻って来ます。

  もう一組も BOX にまとめました。(後日、工作過程を発表します。

今回は、都合 4組 作りました。 既存の物が 1組有り 計5組 所有。


◉ディスプレイの オート リターン システム 。
 往復するのが偏っていて、左右の停止時間が異なるんです。

 実測値: 停止時間 左側 18 秒 右側 2 秒 と、均等でない。
 車輛の癖かと思って、向きを変えてみましたが 同じ状況でした。(首が傾く??

 何で、リレーが 片ぎきなんだろう〜〜 しばらく、様子を見る事にします。
 訳の解らない現象が、多々起こります??


b0135282_7211514.jpg

b0135282_7214378.jpg

b0135282_722376.jpg

「音」の位置が、決まりました。

基盤の「光」の位置をずらして、「音」の位置を決めました。

チヨット離れた場所になっちゃいましたが、違和感が出ないで大丈夫そう!!
穴は、φ3 → φ3,5 で明けた。目立っちゃいました。

 このスピーカー、 音が大きくて かーん カ〜ン て、良く聞こえます。

10/11の為に、ベンジンで線路を拭き、車輛を走らせて各部の動作確認を行いました。
専用の機関車は、あまり走らせていなかったので、チョットぎくしゃく て、感じ。
慣らし運転をして置いた方が良い見たい。


b0135282_722203.jpg

2灯式構内信号と3灯式信号機。

進行方向に従って 青ランプが点きます、3灯式は後進で 赤ランプに変わります。
電源は、直接線路から取っています、ここにも「光」の演出を。
[PR]
by damataka | 2010-10-08 08:03 | 電子工作_自動往復運転

自動往復運転のデモンストレーション。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
b0135282_1158552.jpg

午前中に、狸小路 7丁目に有る、梅澤無線電機(株)で、

 オート リターン システム の、デモンストレーションをして来ました!!

何時もお世話になっている担当者 山下さんに、2台目の操作盤が出来上がった報告、
PWM 回路+リレー回路 最後の助け舟を求めなくても、ガンバって作った事を。

 フレキレール1M ー1本で、実演。 (レールに、停止ラインは切っていません)

ゆっくりと走らせ「1M の距離で」反転する事を見て貰いました。
偶然一緒にいたお客さんも、面白そうな事をしているね〜〜 て、仲間に入って来た。

あまりスピードを下げ過ぎると、反転時に止まったままになってしまう??
起動電圧が低いので、線路から拾い憎いんでしょう〜〜
ある程度のスピードが出る電圧が最小限必要ですね!!

山下さんと話したんですが、モーター起動時に必要な高い電圧を出して、動き出したら電圧が
下がる、もう一歩進んだ制御方法が望ましい!! 実際には難しいそうです??

センサーも、色んな物が利用出来そうだねーー 専門家は直ぐに気が付く!!

電子部品屋さんで、電子工作を アピールして来ちゃいました。
[PR]
by damataka | 2010-09-22 11:57 | 電子工作_自動往復運転

2台目の、PWM+リレー操作盤、出来た。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
b0135282_2002071.jpg

b0135282_2004489.jpg

b0135282_201149.jpg

ヤマハに展示している操作盤を替えようとして、2台目を作っていました。

基盤に組んで置いた物を、BOX に組み込んだら、作動してくれません!!

色々チエックしたんですが、逆に解らなくなってしまい 一旦放り投げちゃいました。
どうしたら良いか 考えたんですけど 解らない物は やっぱり 解らない??

解らなければ 1からやり直せばよいのだーー 思い切って、作り直す事にしました。
部品をバラシて 再利用しよう〜〜 きっと、近道だと思う!! (3組目、かな〜〜


b0135282_20181388.jpg

b0135282_20183579.jpg

b0135282_20185349.jpg

基盤を、2枚にして、

1、P W M 回路
2、リレー 回路

基盤を新しい物にして、部品を再利用して組んで行きまーーす。
馴れてきたから、基盤に部品を組み付けるのは速いです。(やっぱりハンダの付きが悪い

PWM の回路の施工図を、窓越しに裏書きした物で、配線をチエックしました。


b0135282_20233276.jpg

b0135282_2024483.jpg

器具をBOX に取り付け、PWM の 作動をテストしました、順調に動いてくれました。

施工図通りに、組み立てれば、間違えなく作動する。
但し、ボリュームの配線はやっぱり異なる。施工図に書き込んで置く。


b0135282_20305393.jpg

b0135282_20312939.jpg

b0135282_20315054.jpg

b0135282_2032799.jpg

2、リレー回路を組む。

施工図を参照して基盤に組み、器具も BOX に一気に取り付けちゃいました。
組み合わせての作動テスト、何と、当たり前の様に動いてくれました。

 何日も、悩んだことが嘘みたい!!

基盤から部品を外し、1枚目のPWMの基盤を組み直しテストして、2枚目のリレーを基盤に
組んでテストするのに、朝から晩まで掛かりました。
落ち着いて、2度手間しない様に注意して作業を進めました、結果オーライで近道でした。
つまづかないで思い通りに出来上がったた時は、嬉しかったです (これ、本音!!

電子工作: 嫌いじゃー ありません、 むしろ、基盤に部品を取り付ける為に バランスを考え
るの 楽しいし 面白いです。でも根が機械屋なので、チエックの方法が今一 なんですよ〜
だから、何回も 何回も 作り直して 失敗を → 成功に導いています。

電機は正直で、部品の間違いや配線がキチットされていないと作動してくれ無いです。
これからは、チエック方法をもっと勉強しなければいけませんね!

模型工作と違って、アレンジなんてもってのほか!! (10年、早い


b0135282_20394084.jpg

b0135282_2040068.jpg

b0135282_20401618.jpg

オート リターン システムの 操作盤。

2台目が 出来上がりました。(アダプター ・タイプです

踏切警報機、点滅ランプと警報音の電源用コネクター(4タイプ)も組み込みました。
この土曜日に、車輛の模様替えをして、操作盤も取り替えて来ます。

明日の朝の予定でしたが、仕事で早く出掛けるので、珍しく夜に発表します。
電子工作、危うく行き詰まりそうになりましたが、何とか、乗り越えられた見たい。

*単独のリレー回路、スタンダード S に組み込んだんですけどやっぱり作動しません??
 色々とイジクリ廻して、頭がパンクしちゃいました!! 

 理論的には、作動するはずなんですけどね〜〜 (しばらく、放り投げます
 こいつに拘っていたら、他の事が何も出来なくなってしまう!!
[PR]
by damataka | 2010-09-20 19:58 | 電子工作_自動往復運転

電子工作、3つ目(リレー回路)もクリヤー

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
b0135282_7283366.jpg

b0135282_7285848.jpg

自動往復運転のリレー回路。

こんな簡単な基盤組なのに、リレーが作動してくれなかったんです??

 原因: ボリュームへの配線が、間違えていました。

PWM に、ボリュームを2個使用して1個の足の配線が異なっていました。
もしかしたらと? 赤 → 黒 を替えてみたら カチ カチ て リレーの 作動音がした!!

別々の基盤で作った,PWM 回路とリレー回路を組み合わせて実運転テストを行い、
間違えなく、スピードも変化し タイマー調整でリターンしてくれました。

 やっと、手掛けた「電子工作」が、クリヤー出来ました。


b0135282_7352868.jpg

ヤマハの展示に、使用している操作盤。

他に、流用します。


b0135282_7355730.jpg

新たに、操作盤を作る。

BOX に、仕上げて行きます。
こいつを、展示用の専用操作盤にします。


b0135282_7361877.jpg

リレー回路単独の操作盤。

改めて、作動確認をする。

*電子工作、最初につまずくと、後、訳が解らなくなっちゃいますねーー
 落ち着いて 楽しんで やるんだ〜 て、気持ちにならないと??
[PR]
by damataka | 2010-09-18 08:02 | 電子工作_自動往復運転

電子工作、2つ目(PWM)もクリヤー

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
b0135282_6463989.jpg

PWM タイプの回路。

1年振りに組み始めました。
1枚の基盤に、PWM の回路を解り易く組んで見ました。


b0135282_6473154.jpg

b0135282_647481.jpg

PWM の設計図。(沖縄さんのタイプです)

特徴は: 特にゆっくり走る様に、調節ボリュームを2個設けています。


b0135282_6522962.jpg

b0135282_6524771.jpg

基盤に組み立て状況。

配線状況の説明用で、しばらくはむき出しのままにして置きます。


b0135282_653345.jpg

もう1つ、リレー回路も一緒に組み込んだ物が有ります。

 BOX に、取り付けて行きます。

◉自動往復運転の「リレー回路」も、何とか クリヤー しました。
 
[PR]
by damataka | 2010-09-17 06:45 | 電子工作_自動往復運転

リレー操作盤、失敗に終わる。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

結論を先に言うと、反転しませんでした。

b0135282_7531751.jpg

b0135282_7534313.jpg

設計図です。
部品点数が少ないので、簡単に組む事が出来る。

既製品の操作盤に、リレー装置を付け足して、オート リターン(自動往復運転)が
出来れば、手っ取り早いと考え、実践してみました!!

b0135282_754353.jpg

b0135282_755563.jpg

b0135282_7552136.jpg

組み合わせる。
カトウのスタンダード S と、リレー装置を組み合わせしました。
何処か間違えているのか、 反転してくれません??

b0135282_7554844.jpg

b0135282_7561365.jpg

b0135282_756305.jpg

もう一組作って見る。
結論を出すのが恐いので、「もう一組作って」試して見ました。
結果は同じでした??

 何で、動作(反転)しないんだろう〜〜 

*考えても始まらない、PWM 操作盤を作って、それと組み合わせしてみよう〜〜
 これが、ちゃんと作動すれば、「市販品」に対する考え方は異なると言える。
[PR]
by damataka | 2010-09-08 07:59 | 電子工作_自動往復運転

リレー操作盤を作る。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

思い付きで!! 市販品の操作盤にリレー操作盤を付け足して、
「オート リターン システム」の実験をしようと思います!!

ちよっこし 浮気して 先に 作って 見よう 〜


b0135282_7512224.jpg

b0135282_7514341.jpg

b0135282_752579.jpg

基盤を組む。

リレー回路のみを、基盤に組む。

リレーの配線まだ不足しています。久しぶりに感覚を思い出しながら電子工作をします。

基盤にパーツが巧くハンダ出来ない?
新たに入手した、基板用のフラックスを多用しながら行なっています!

リレーのとこの配線を、忘れちゃいました?
沖縄さんの blog を見直してやっぱりクロスするんだーてな感じ!(ボケの始まりかな?

 
b0135282_7524122.jpg

b0135282_753720.jpg

b0135282_754330.jpg

b0135282_7534133.jpg

BOX を加工する。

基盤の取り付け座、ゴム足、コード取り出し口、
電源スイッチ&電源表示ランプ、ボリューム(タイマー)&ツマミ、目盛板(小)。

スイッチとランプの位置を換えました。
癖で、スイッチは右側に有る物だとの思い込みで 最初にセットしました。

BOX の左側から電源を取り込むので、スイッチは近い方に有った方が良いと気づき位置を
変えました。(ランプの下側にストッパーの止め穴が残っちゃった?
 

b0135282_7552060.jpg

市販品の操作盤に加工を施す。

左側の操作盤は、トランス・タイプでした。(また 基盤タイプなので改造は出来ません。

右側の操作盤は、カトウの スタンダード S です。
 この操作盤を、いじくって 電源 DC 12 V を取り出し、戻りはボリューム側へ結線する。


*次回、器具を組み付け、相互の配線を行ないます。
 はたして、巧くリレー装置が作動してくれるでしょうか??
[PR]
by damataka | 2010-09-06 08:02 | 電子工作_自動往復運転