イベントで活躍した、車輛達。

b0135282_7561825.jpg

b0135282_7564167.jpg

b0135282_757527.jpg

b0135282_7572915.jpg

b0135282_7574747.jpg


イベントで、主に活躍した、車輛達です。

 機関車 : フリータイプ  同じスタイルの物、2台用意して有ります。
      C 56     小回りが利き、走りが、軽快です。

 客 車 : フリーサイズ  ボギ-タイプ

 貨車1 : 砕石運搬車   積み荷が2台づつ、色分けされています。

 貨車2 : タンク車    踊り場が2台づつ、形を変えて有ります。 

1、貨車の入れ換えでは、
  「見本車輛」を本線に置き、同じ編成を作って貰う。(解り易く色分けしてある)
  車掌車を含めた、4輛で行ないました。
  枝線4本に、1輛づつ置き、手動でポイントを切換えて、
  機関車に連結させて、引っ張って支線へ〜〜
  支線の、アンカプラーの処で、切り離す。
  4回 行ったり来たりを繰り返して、支線に貨車を運び終えたら、
  機関車は、出発点に戻す。

  係員は、ポイントの切り換えのアドバイスと、次の人の為に貨車を置き直す。

2、車輛の入れ換えでは、
  枝線にタンク車6輛を置き、C 56 で、2輛づつ切り離して、
  枝線3本に、3回 それぞれに運びます、アンカプラーの処で切り離し、また、戻る。
  ポイント切換えは、操作盤のスイッチによる電動式です。
  車輛止めのランプが赤く点き、走る線路が解る様にして有ります。
  機関車は、出発点に戻す。

  次の人は、この状態の配置車輛を、枝線に、1度に2輛づつ運ぶ。

  客車で、行なったんですが、ボギ-タイプなので線路に置き難いと、係員からクレーム
  が入り、2軸車に変更しました。

3、サウンドに付いて、
  本線では、天賞堂のD 51 で、サウンド運転を単独に行ないました。

*係員3名+受付1名
 途中で交代要員を2名増やしました。人生経験豊富な方達なので、
 子供の対応は、任せておけ〜〜、真剣に休まずに指導していました。

 カプラーは、KD タイプです。 事前に作動チエックをして置きました、
 御陰で、ノントラブルでした。

 貨車の入れ換えでは、係員が、子供が勝手にボリュームを操作して困る、
 操作出来ない様に、ガムテープを張り付けちゃいました。  (大笑

 2日間で、約 300 人が、操作体験をしてくれました。(重複もありますけど)
[PR]
by damataka | 2010-01-05 09:11 | 機関車_その他


<< オート リターン システム... 札幌鉄道模型クラブ「2010 ... >>